日本政府観光局発表の2016年3月訪日外客数推計値も前年比31.7%増の201万人となるなど、ますます多くの観光客を集める日本。そんな中、東京の観光といえば浅草、渋谷、上野、お台場そして東京タワーなどが人気ですが、他にも気軽に行けて、楽しめるスポットが東京にはたくさんある!ということで、上記の観光地ほど定番ではないが魅力的な東京の街をいくつか実際に訪れ、これから1つずつ紹介していきたいと思います。また訪れる際には、外国人観光客にすすめられるか、都内の人も楽しめるかの両側面に着目しました。

 さて今回選んだのは、最近東京メトロのCMでも話題の門前仲町。東京都江東区に位置し、アクセスは東京メトロ東西線か都営大江戸線の門前仲町駅から。まず門前仲町の特徴を短く簡単にまとめると「日本らしい観光地、食、自然がコンパクトにまとまった場所」です。

小さなエリアにまとまった日本らしい観光地

 「外国人観光客にすすめられるか」という点で挙げられるのが富岡八幡宮、深川不動尊そして法乗院深川ゑんま堂の3つになります。この3つは非常に近くで大きくとても雰囲気のある神社、寺院に訪れることが出来るだけでなく、2つの「日本一」を見る事が出来るのです。1つは富岡八幡宮にある日本一の大神輿、富岡八幡宮御本社神輿。建物に収納されている関係で、写真では少し見えにくくなってしまっていますがとても大きく、煌びやかなものでした。

画像1: 小さなエリアにまとまった日本らしい観光地

そして、もう一つは法乗院深川ゑんま堂にある日本最大の閻魔大王座像。手前には合格祈願から夫婦円満まで様々な願い事に合わせた金色の筒があり、賽銭を入れるとありがたいお話が聞け、どれに賽銭を入れるかで話の内容も異なるようです。

画像2: 小さなエリアにまとまった日本らしい観光地

絶品郷土料理、深川めし

 門前仲町で是非食べたいのはやはり、農林水産省郷土料理100選のも選ばれている深川めし。一般的なのはアサリを味噌で煮込んでご飯にかけたものです。今回は門前仲町駅前の門前茶屋蒸籠で蒸上げた深川あさり蒸籠めし、とアナゴ蒸籠めしを頂きました。ご飯に味が染みていてとても美味しかったです。

画像: 門前茶屋

門前茶屋

画像: 手前がアナゴ蒸籠めし、奥が深川あさり蒸籠めし

手前がアナゴ蒸籠めし、奥が深川あさり蒸籠めし

隅田川にかかる永代橋

 街歩きに少し疲れたら訪れたいのが永代橋のかかる隅田川のほとりです。商店街のある駅付近から少し離れ、そよ風が吹き、脇に花が咲く川辺で座って永代橋を眺めると昼も夜もとても心地よい時間を過ごせます。

 このように門前仲町は、外国人観光客でも、ぶらっと街歩きをしたい程度の都内に住む人もコンパクトに様々な要素を楽しめ場所でした。3、4時間もあれば十分満喫できるので隙間時間にでも是非訪れてみてはいかがでしょうか?

参考

This article is a sponsored article by
''.