画像: 《Jessica & Anne Marie》 c-print 2012 Courtesy the artist and Tomio Koyama Gallery

《Jessica & Anne Marie》
c-print 2012
Courtesy the artist and Tomio Koyama Gallery

 アメリカの代表的美術館の一つ、ホイットニー美術館において、史上最年少となる25歳の若さで個展を開催するなど、いま最も注目を集めるフォトグラファー、ライアン・マッギンレーの全体像に触れる、注目の展覧会。最初期の〈出会い〉シリーズから、〈ロード・トリップ〉、〈モリッシー〉、〈イヤーブック〉、〈グリッド〉、〈アニマルズ〉、そして最新作の〈秋〉〈冬〉まで、各シリーズから作家自ら厳選した約50点を展示する。

 マッギンレーの作品に登場する人物たちは、そのほとんどがヌードである。広大な草原のなかを疾走し、雪原に横たわる全裸の被写体たち。彼らは皆プロのモデルではない。マッギンレーがとらえるのは、被写体の表面的な美しさというよりも、衣服を脱いだ彼らが垣間見せる一瞬の姿。そこには、日常の制約や束縛から解放された精神の自由があり、見る者はモデルの姿かたちにとらわれず、美を感じる。

 日本国内の美術館での初個展となる本展。500枚のポートレートで構成する大作〈イヤーブック〉を、展示室の壁面約30メートルを使って展示するなど、スケール感あふれる展示にも注目。マッギンレー作品ならではのインパクト、奔放さ、開放感を感じよう。

『ライアン・マッギンレー BODY LOUD !』
東京オペラシティ アートギャラリー 開催中〜 7月10日(日)

【時間】11〜19時(金・土は20時まで。最終入場は閉館30分前まで)
【休】月曜
【料金】一般1200円、大高生800円、中学生以下無料
【問い合わせ】03-5777-8600(ハローダイヤル)
【交通】京王新線 初台駅東口より徒歩5分以内。東京オペラシティビルに直結
【URL】http://www.operacity.jp/ag/

This article is a sponsored article by
''.