江戸時代、実際にあった庶民の大逆転劇!

画像: ©2016「殿、利息でござる!」製作委員会

©2016「殿、利息でござる!」製作委員会

 お上からの重税にあえぐ庶民が考え出した逆転の秘策、それはお上に金を貸し利息を巻き上げること! 今から250年前、江戸時代の仙台藩に実在した人々の歴史秘話を、豪華キャストで描いた痛快な歴史エンターテインメント。

 映画化もされた「武士の家計簿」などの著者・磯田道史の近著「無私の日本人」を『予告犯』の中村義洋監督が映画化。複雑な過去を持ちながら町の将来のため奔走する真面目な造り酒屋の主・十三郎役に阿部サダヲ。町一番のキレ者・菅原屋役に瑛太。十三郎の代わりに裕福な実家を継いだ弟・浅野屋陣内役に妻夫木聡。他、竹内結子、松田龍平、草笛光子、山﨑努ら豪華な顔ぶれに加え、フィギュアスケーター・羽生結弦が殿さま役で登場するのも話題に。

“搾取される側”が“搾取する側”に回ることで生き延びようという、この逆転劇は実際に18世紀後半の仙台藩の宿場町で起きたこと。お上に貸し付けるための莫大な費用を、すべてを投げ打ちねん出しようとする有志たち。命がけのプロジェクトの裏に隠された、現代の日本人に伝えたい大切な教えとは…。彼らが頑なに守った“つつしみの掟”によって長らく知られぬままとなっていた、正真正銘の秘話。当時の人々の姿に感銘を受けつつ、弱者が強者に打ち勝つ痛快さを味わえるイチオシの一本。

STORY

 江戸時代。金欠の仙台藩から課せられた御役目のため困窮する宿場町・吉岡宿。町の将来を案じる十三郎は知恵者の篤平治から藩に金を貸して利息をとるという逆転の発想を聞かされ、実行を決意する。

監督:中村義洋 出演:阿部サダヲ、瑛太、妻夫木聡、竹内結子他/2時間9分/松竹配給/5月14日より全国公開 http://tono-gozaru.jp/

This article is a sponsored article by
''.