長きに渡って愛され続けるアーティストであり、そのキャリアのなかで楽しみながらも新たな挑戦をし続けてきたシンディ・ローパー。最新のトライは本作、カントリーアルバムのレコーディングだった。ブルースアルバム『メンフィス・ブルース』(2010)も高く評価されたが、本作もまた世界中から注目を集めそうだ。彼女自身がカントリーを聴きながら育ったということも影響を与えているのか、彼女の特徴的な歌声がカントリーソングや世界観にフィットしている。斬新さを期待するリスナーとシンディのファンの間で大きく評価は分かれているようだが、自分の音楽を探し演奏し続ける姿勢も含めて、シンディを感じる。

[POPULAR ALBUM] ワーナー 5月25日(水)発売 2400円(税別)

This article is a sponsored article by
''.