画像: 新しい伝説の目撃者となれ!「モグワイ」

 スコットランド出身のポストロックバンド、モグワイ。新しい作品をリリースするたびに世界をざわつかせ、単独公演やフェスティバルに出演しては、伝説と称されるライブパフォーマンスをしている。

 まもなく行われる来日公演は、最新作『ATOMIC』を携えて行われるもの。英BBCが昨年、原爆投下70年に合わせて放送したドキュメンタリー『Atomic : Living In Dread and Promise』のサウンドトラックをリワークし、コンパイルした作品だ。美しさと恐怖が隣り合った作品になっている。ボーカルのスチュワート・ブレイスウェイトは本作について「バンドとして関わった中で最も強烈で充実したプロジェクトのひとつ」と位置づけていて、いつも以上にこのプロジェクトに力が入っているのが分かる。

 今回のジャパンツアーでは13年ぶりの広島公演も含まれている。バンドと日本のファンにとって、大きな意味を持つ公演となりそうだ。

 彼らの代名詞である轟音ギターや、繊細なサウンドが積み重ねられていくことで生み出される魅力は、ライブで最大限に発揮される。ライブ演出も含めて、モグワイのサウンドに身も心も委ねてほしい。そうすれば、今までにはない感覚を感じ取れそう!

【日時】5月30日(月)18時30分開場/19時30分開演
【会場】EX THEATER ROPPONGI
【料金】アリーナ立ち見6800円 ※ドリンク代別
【問い合わせ】スマッシュ03-3444-6751

This article is a sponsored article by
''.