2016年8月、東京オリンピック追加種目がリオデジャネイロで開催されるIOC総会にて決定される。

追加種目候補には26競技団体が名乗りをあげたものの、選考の結果、競技は5つに絞られた。
「空手って聞いたことはあるけれど、よく知らない。」
「なぜ最終候補に空手が残ったのか分からない。」
そんな人のために今回は、KARATE(空手)の奥深さについて紹介していきたい。

5つの競技と選考理由

東京オリンピック最終候補は以下の5競技である。
◎野球・ソフトボール
◎空手
◎スケートボード
◎スポーツクライミング
◎サーフィン
馴染みのある国民的スポーツから、馴染みのない競技まで様々だ。これらの競技が選考された背景には様々な理由があるが、共通の主な理由として以下の「選考理由の主要原則」があげられる。

・追加種目は、若者へのアピールを中心に、オリンピック・ムーブメントとその価値を推進するものであること。
・追加種目は、東京2020大会のビジョンを反映して、日本での機運を高め、世界中の新たな聴衆を巻き込むことにより大会に付加価値をもたらすものであること。
・選考手続きは、開かれた公平なものであること。

また最終候補5競技は「日本で盛り上げられる競技」「若者アピール競技」の二つに分けることができるようだ。
これを踏まえると、他国に比べ競技人口が比較的多い野球・ソフトボール、空手は日本国内にて盛り上がる可能性の高い競技として、若者のスポーツ離れが懸念されるスケートボードやスポーツクライミング、サーフィンは若者へのアピールとして、期待されていることが読み取れる。

空手の歴史

今でこそ日本において300万人、世界においては165カ国約6000万人の人々が嗜んでいる空手であるが、もとは琉球という限定した地域にしか存在しない武道だった。空手の原形は「唐手」と呼ばれる武術である。琉球の人々が薩摩藩に見つからないために、身を隠して稽古を行っていたことや、型中心の素手の格闘技をしていたという説から「唐手とは薩摩藩によって武器を取り上げられた琉球の人々が素手で戦うべく生み出した反抗の武術」と表現された。

空手が日本本土に伝わってからは、様々な流派が誕生した。元々は四大伝統空手と言われる「剛柔流」「糸東流」「松濤館流」「和道流」が主流であったが、実戦性と安全性の重視を兼ね備えるべく、防具を用いた競技空手が主流になっている。

型と組手

型とは?

「型」とは、厳しい練習によって鍛えられた身体をもって、仮設された外敵より自分を守るために想定された攻防を、一定の演武線上で行なう自己防御の姿勢である。

画像1: 公益社団法人日本空手協会HPより

公益社団法人日本空手協会HPより

組手とは?

「組手」とは、二名の選手が所定の試合時間内でお互いに技を自由に出し合い優劣を競う、攻撃力の高い競技である。基本組手から自由組手まで様々だが、一般的に組手といわれる競技は自由組手である。

画像2: 公益社団法人日本空手協会HPより

公益社団法人日本空手協会HPより

礼にはじまり、礼に終わる。

空手の稽古をすることは、心身の鍛練である。つまり空手道という武道を嗜むことは、「身体」は勿論のことながら、「心」も鍛練するということだ。

身体の神経を研ぎ澄ませ如何に自分の思い描く理想の動きを、意思のままに表現するかという鍛練だけでなく、型・組手においての演舞や稽古の際に、相手に対する敬意、道場や試合コートといった場に対する敬意といった人としての礼儀を身につけることこそが武道の基本である。そのため道場では はじめに「礼」を教わり、稽古は正面に対する正座での礼をすることではじまり、終わるのである。

空手をはじめることは、日々の生活に武道をとり込むことを意味する。

稽古と礼節は一体。一期一会の学びの時間をその都度意識する一種の「節目」が礼であり、これこそが「礼節」という言葉の所以でもある。
つまり空手道の稽古をはじめることは、生活に「節」をつくることでもあるのだ。

いま注目の空手!

最近では、空手という競技に日本だけでなく海外においても多くの人が魅力を感じていることが読み取れるニュースが話題になった。

画像: いま注目の空手!

いま世界で注目されるのが、天才空手少女の呼び声が高い「高野万優」さん、9歳。

万優さんは新潟県出身の空手家で、全日本少年少女空手道選手権大会では、2013年、14年と2年連続で優勝。
今年8月に東京武道館で開かれた同大会でも優勝し、見事3連覇を遂げている。

彼女を一躍有名にしたきっかけは、海外アーティストSiaの「Alive」のPVへの起用である。スピードときれのある演舞からは、彼女の身体の小ささを感じさせない気迫をもその画面越しに見ることが出来る。

画像: Sia - Alive www.youtube.com

Sia - Alive

www.youtube.com

是非あなたもこの夏、世界の「KARATE」を注目してみては?

This article is a sponsored article by
''.