画像: 新生日本ラグビー代表再始動 18、25日にスコットランド代表と対戦

 日本ラグビー協会は2日、日本代表とスコットランド代表が対戦する「リポビタンDチャレンジカップ2016」の会見を開いた。試合は6月18日に愛知・豊田スタジアム、25日に東京・味の素スタジアムで行われる。
 6月11日にカナダで行われるカナダ代表との試合と合わせ、2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップ(W杯)に向けた重要な試合だ。

 この3試合の代表メンバーは先日発表されたのだが、2015年W杯メンバーを中心にスーパーラグビーに参戦したサンウルブズのメンバー、そして2019年に向けて初代表となる若い選手も多く選出されている。なおリーチ マイケルと五郎丸歩は怪我のため招集されていない。
 この日の会見には協会の「15人日本代表 ディレクター・オブ・ラグビー」を務める薫田真広氏と日本代表の田中史朗(パナソニック ワイルドナイツ)が登壇。
 スコットランドは昨年のW杯で日本が唯一敗れたチームとあって薫田氏は「2019年に前回以上の成績を残すため、現時点での力を知るためにはスコットランドは最高の相手。選手については2019年にベスト8に入れるかどうか、伸びしろがどうかなど、フィルターにかけられる最初の試合になる」とこの試合の意義を話した。

 田中はW杯の敗戦にについて「前回は休みが短かったということもあるが、南アフリカに勝って全員が舞い上がって喜んでしまったことが問題だった。短期間の試合でどれだけ集中できるかが大事。勝ったことで自分たちに甘さが出てしまったことがスコットランド戦の敗戦につながった」と振り返り「今回はまとまることが一番大事。新しいチームで互いに考え方も理解していないし、どんなスタイルでラグビーをするのかも理解していない。しっかりコミュニケーションをとって互いを理解することで統率力が生まれて代表としていい結果を生むことができるのではないかと思う」と試合への意気込みを語った。

画像: www.tokyoheadline.com
www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.