画像1: 撮影・宗村和磨

撮影・宗村和磨

「日本を元気に!」をテーマに活動する「JAPAN MOVE UP 」と 連携する形で2013年から活動を開始した「OKAYAMA MOVE UP 」による「JAPAN MOVE UP ―SPECIAL EDITION― vol.8」が 5月19日、岩田剛典(EXILE、三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE 以下:三代目JSB)をゲストに迎えイオンモール岡山内の『イオンシネマ岡山』にてラジオ公開収録が行われた。

画像2: 撮影・宗村和磨

撮影・宗村和磨

 今回の公開収録は映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』のプロモーションとしてOKAYAMA MOVE UPと連携して行われた。イオンモール岡山は2014年末、都市型イオンモールとしてオープン。JR岡山駅から徒歩約5分と西日本最大の注目施設となっている。

 今回応募1万5000通の中、幸運のチケットを手に入れた400名で埋め尽くされた会場は開演前から熱気が漂い『Feel So Alive』とともに岩田が登場すると会場が声援で揺れた。

 さっそく今回初主演の『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』に触れると「胸キュンシーンもあるけど王道なものはあまりなく幅広い世代の方に共感していただけるのではないかと思います。またタイトル通り「植物」もキーワード。植物の温かみや、人と暮らす事の素晴らしさなども改めて気づかされる映画。見て頂けた後には人にやさしくなれるような本当に温かい映画です。構えずリラックスして劇場に来てほしいです」と述べた。

 植物図鑑の撮影は昨年の全国初ドームツアー『三代目J Soul Brothers LIVE TOUR 2015 BLUE PLANET』と平行していたので大変だった様子。ライブが終わってすぐの撮影だと監督に「まだEXILE感出てる、出てる。抜けてないよ」とつっこまれたことも。また自分自身の切り替えについて「パフォーマーとしての自分と普段の自分との切り替えはないですけど、アーティスト写真を撮るときはそれっぽく撮りますね」と岩田。MCからどんなポーズ?と聞かれると快くその場でポーズと表情を決めるサービスで会場を沸かせる場面も。

 7月16日から公開される映画『HiGH & LOW THE MOVIE』について触れると「撮影は大変でした。自分の役者人生の中で経験できないような凄いセットだったり毎回毎回一生ものだねと共演者と話してました。映画はスケールが凄すぎて驚きっぱなしだと思うのでぜひ楽しみにしていて下さい!」とHiGH & LOWへの意気込みを語った。また、コブラ(岩田剛典役)はアントニオ猪木好きというシーンに触れると、「あれは監督に『この場面、酔っぱらって誰かに絡んでほしい』とだけ言われて全部アドリブなんですよ。最初ノブ(ヤマト役:鈴木伸之)に絡もうとしたらやんわり断られて。大樹とその場で2~3分で考えてすぐ本番を撮ったんです」とドラマの裏話に会場から驚きの声も上がった。

 最後にTEAM2020として東京オリンピック・パラリンピックが決まった2020年に向けてのアクション宣言も行われ、「こうやって岡山に来られた事に感謝しています。短い時間でしたが会場の皆さん、リスナーの皆さん本当にありがとうございます。初主演は一生に一回しかない中でこの「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」と出会えて本当に幸せものだと改めて感じています。この植物図鑑、HiGH & LOWの映画、そしてHiGH & LOWドームツアーでも全国の皆さんにワクワクして頂けるようなエンターテインメントがお届けできるようにこれからも感謝の気持ちを持って、それらの活動を自分の活動意義に変えて皆さんの元に元気をお届けできたらなと思っていますので、どうか温かい応援よろしくお願い致します!」と締めくくった。

 この模様は5月28日(土)、6月4日(土)の2週に渡ってオンエアされた。(ラジオJAPAN MOVE UP公開収録の模様は「JAPAN MOVE UP」で検索)

画像: www.tokyoheadline.com
www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.