新生K-1-55㎏の王者であり、今やその実力と人気で、K-1全体をリードしている武尊。テレビのバラエティーや雑誌、ラジオなどにも積極的に出演し、格闘技ファン以外にも多くのファンを持つ。すべてはK-1をもっと知ってもらい、盛り上げるためだと語る武尊の格闘技にかける思いとは。さらにチャンピオンの先にある夢について語る。

K-1の中でも一番輝いて、一番面白い試合を僕がします。
そして誰もが憧れるスーパースターになります。

画像1: 撮影・神谷渚

撮影・神谷渚

K-1のチャンピオンになることを夢見て上京

 テレビで見たK-1の選手に憧れて、小学生の頃から空手を習い、ずっと格闘技を続けていました。K-1に出るからにはボクシングもできなくてはと、高校はボクシング部のある高校に入学したほど。それなのに、高校に入学したら、遊びのほうが楽しくなっちゃって、いろいろやんちゃをやらかした結果、学校を辞めなきゃいけなくなった。その時は楽しかったから、別に学校をやめてもいいやって思っていたんですけど、すぐに今までやってきた格闘技を失くしてしまった事を、猛烈に後悔して…。格闘技がないと、こんなに楽しくないんだって。つまらないし、不安だし、好きな事ができない辛さを思い切り味わった。それがきっかけで逆にもう一度格闘技と真剣に向き合おうと思ったし、そこから格闘技に対する意識が変わりました。

 人生のターニングポイントがあるとしたら、そこでしょうね。それから、K-1甲子園に出場することを目指し、改めて高校に入り直しました。K-1甲子園の出場資格が高校在学者だったので。それぐらいの思いがあり出場したのに、K-1甲子園では負けてしまったんです。勝つために高校を少し休んで、タイに武者修行に行くなど、本当にそれだけにかけていたのに、蹴り数制限のルールによる減点で負けた…。そこで優勝して、実力を認めてもらってK-1に行こうと思っていたので、これ以上アピールするチャンスがなくなったと思ったら悔しくて悔しくて…。それで、本部席に行き、当時K-1甲子園の実行委員長をされていた前田憲作さんに向かって、泣きながら“僕はこんなに弱くないんです。もっとできるんです。まだ全然実力を見てもらえてません”って言った(笑)。

 そしたら前田さんが“うちに来たらもっと強くなれるよ”って言ってくれて。それがすごく心に響いて、その瞬間に東京に出て、前田さんが代表を務めていたジム“チームドラゴン”に入門するって決めました。そこからは東京に出るためのお金を貯めて、卒業した次の週には東京にいましたね。それからはほとんど毎日練習で、家には寝に帰るだけ。試合後のオフはなるべくメディアの活動をして、K-1の価値を広めたいと思っています。僕がK-1に夢を与えてもらったように、たくさんの人にK-1の素晴らしさを通じて夢を与えたい。そのためには、K-1の魅力をもっともっと知ってもらわないと。ほかにも選手はたくさんいますが、僕じゃないとできないと思っているので。自信? それはこういう仕事をしている時点で、ポジティブですから。小さい頃から目立ちたがり屋だったし、ある意味ナルシストだし(笑)。チャンピオンとして、そういう自覚も多少ついてきたかなと思っています。

画像2: 撮影・神谷渚

撮影・神谷渚

プラスに思い込む事でポジティブに

 落ち込む時は落ち込みますが、僕はそれを逆にバネにする事が多いかな。昨年、試合で1回ダウンを取られたんです。普通の選手だったら、“ヤバい、どうしよう”って焦って、悪いほう、マイナスのほうに考えてしまうと思うんですけど、僕は“でも、これを倒し返したら相当かっこいいだろうな”ってずっと考えていて…。結果、逆転KOで勝ったんですけど、プラスに考えているとそっちのほうに持っていかれるっていうことはあると思います。

 引き寄せの法則なんかでもありますが、自分で決め込んだ事や思い込みからそっちの方向に行くとか。僕は気持ちがすごく大事だと思っているので、なんでもプラスに考える事で、物事もいい方向に進んでいくと思っています。また、落ち込んだ時は逆に動いたほうがいい。ずっとそこにとどまっていても何も変わらないし、何かアクションを起こすことで、何かが変わるかも知れない。落ち込んだ原因を解決するような動きでもいいし、それは忘れて、新しい事を頑張るのでもいい。何をやったらいいか分からない時は、単純に動くだけでもいいと思います。落ち込んだ時にずっと家に閉じこもったりするのは一番良くないと思うので、僕もちょっと嫌な事があったら走りに行くとかしますね。体を動かすだけで、気分は変えられると思います。

 あと、自分は試合前はとことんストレスをため込んで、試合で爆発させます。本当につらいんですが、これだけきつい思いをしてるんだから、絶対に勝てるし、勝った後には、絶対いいことがあるっていうのを想像する。妄想癖があるので、試合でKO勝ちして、お客さんにキャーキャー言われて、リングを降りたら、すっごい人だかりで、かわいい女の子が“武尊選手! 武尊選手!”って言ってくれるのを想像してテンションを上げています(笑)。

画像: 撮影・上岸卓史

撮影・上岸卓史

最終目標はスーパースター

 現在K-1の-55㎏のチャンピオンですが、最終目標はそこじゃない。もちろん、チャンピオンとして勝ち続けるとか、もっといろいろなベルトを獲っていきたいというのはあるんですが、その先には、SPなしでは外を歩けなくなるぐらいのスーパースターになりたい。そして格闘技以外のジャンルの人にもすごいと思われたいです。格闘技ってちょっと特殊なので、格闘技だけが好きっていう人も多いんです。でも野球やサッカーなどの人気のあるスポーツのファンの人やスポーツ以外の音楽や映画、バラエティーといったジャンルの人にも格闘技に興味を持ってほしい。今K-1は本当に盛り上がって面白い。でもそれが一般の人にまだ広がっていない気がします。K-1は夢と希望が詰まった最高の舞台です。それを広めるためには、自分がもっとメジャーになり、影響力を持たないといけないと思っています。

岡山の読者へメッセージ

 僕の地元、鳥取県の米子市からは、車で2時間かからないぐらいなので、岡山にはよく遊びに行っていました。今も知り合いがいて、応援しくれているので、岡山には親しみがあります。印象に残っているのは美星町。その名の通り、星がすごくきれいな所。岡山は自然が豊かで、食べ物がおいしい。K-1の試合は東京で行われているので、岡山から見に来ることはなかなか難しいと思いますが、今はインターネットやCSなど、生中継で見られる環境もありますので、ぜひ一度見てほしい。そこでパワーを感じて、見た人が元気になっていただければうれしいです。そしてインターネットで見た人が、やっぱり生で見たいって思ってくれて、会場まで足を運んでいただいたら、最高ですね。今盛り上がっているK-1の中でも、僕が一番輝いて、一番面白い試合をしますので、ぜひ応援して下さい。

武尊(たける)
1991年7月29日生まれ、鳥取県米子市出身。小学校2年の時に、テレビで見たアンディ・フグに憧れ、空手道場に入門。その後、高校でボクシングを始め、2009年、K-1甲子園に出場。2010年、高校を卒業すると同時に、K-1ジム・チームドラゴンに入門。2011年「Krush」に参戦。2013年、初代Krush -58kgの王者に。2014年には新生K-1に参戦。初代K-1 WORLD GP -55kg王者。K-1ジム・チームドラゴン所属。ツイッター:@takerusegawa

This article is a sponsored article by
''.