日本橋の夏の風物詩が今年もやってくる! 江戸時代に日本橋で育まれた“涼”をとる生活の知恵や工夫を現代流にアレンジしたさまざまなイベントが、日本橋の街中で繰り広げられる。

画像: 1. 初登場する金魚大提灯が仲通りやコレド日本橋を彩る 2.3.参加店舗の金魚をモチーフにしたスペシャルスイーツを楽しむ「金魚スイーツさんぽ」を初実施。写真左・期間中7〜8月の土日限定で、金魚を販売する「金魚屋台」を初めて実施

1. 初登場する金魚大提灯が仲通りやコレド日本橋を彩る 2.3.参加店舗の金魚をモチーフにしたスペシャルスイーツを楽しむ「金魚スイーツさんぽ」を初実施。写真左・期間中7〜8月の土日限定で、金魚を販売する「金魚屋台」を初めて実施

 今年は初登場する企画もめじろ押し。福徳神社へと続く参道「仲通り」と「コレド日本橋」のエントランスには、ECO EDO 日本橋 2016 総合プロデューサー木村英智氏がデザインした、高さ約1.8m の「金魚大提灯」が初登場。夏の夜を風流に彩る58の参加店舗による、金魚をモチーフにしたスペシャルスイーツをめぐる「金魚スイーツさんぽ」も初実施。それぞれの意趣をこらした涼やかなスイーツを食べて涼を感じよう。また、期間中7〜8月の土日限定で金魚を販売する「金魚屋台」も初登場。毎年人気の浴衣サービスは今年も引き続き実施。浴衣を着て各店舗の特典を楽しもう。ちなみに今回、「金魚トロリーバス」を日本橋・人形町・東京駅エリア各所で初運行となるので浴衣での街歩きにもうれしい。

ECO EDO 日本橋 2016 〜五感で楽しむ、江戸の涼〜

【開催期間】〜9月25日(日)
【開催地】日本橋全域
【URL】 http://www.nihonbashi-tokyo.jp/special/ecoedo2016/

画像: www.tokyoheadline.com
www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.