画像: 【夢の課外授業】宮城県でサッカーとバレー。給食までを共に

 未来に向け、子どもに夢をあたえ「生きる力」を考えさせるきっかけや、勇気を持って物事に立ち向かう大切さを知ってもらうため、2000年度より活動をスタートさせた「夢の課外授業」(主催:二十一世紀倶楽部)。その「学校訪問スタイル」の授業「夢の課外授業in東北byファミリーマート夢の掛け橋募金」が7月6日、宮城県仙台市立東仙台小学校で行われた。
 今回の講師は元プロサッカー選手の水内猛さんと元プロバレーボール選手の高橋みゆきさん。
 全校児童450名の大きな歓声の中、水内さんと高橋さんが登場し、現役時代の映像や写真を交えて自己紹介。
 続いて、実技の時間、前半は低学年を対象に水内先生が、サッカーボールを使っただるまさんがころんだの要素を取り入れたゲーム。後半は高学年を対象に高橋先生によるバレーボールを使ったチームワークを競うゲームを実施した。
 最後は先生とのお話の時間。両先生が「夢」について語り、児童からも多くの質問が飛んだ。
 授業の後、両先生は6年生と一緒に給食も食べ親交を深めていた。

画像: www.tokyoheadline.com
www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.