画像: 藤本聰(ふじもと さとし) 【クラス】体重別66kg級【障がい】視覚障がい 【成績】1996年 アトランタ・パラリンピック 金メダル、2000年  シドニー・パラリンピック 金メダル、2004年 アテネ・パラリンピック 金メダル 、2008年 北京・パラリンピック 銀メダル、2015年 IBSA柔道ワールドカップ 銀メダル

藤本聰(ふじもと さとし)
【クラス】体重別66kg級【障がい】視覚障がい
【成績】1996年 アトランタ・パラリンピック 金メダル、2000年 シドニー・パラリンピック 金メダル、2004年 アテネ・パラリンピック 金メダル 、2008年 北京・パラリンピック 銀メダル、2015年 IBSA柔道ワールドカップ 銀メダル

STORY「今しかできない」と思い続けて歩んだ、35年の柔道人生。

 先天性の視神経異常で左目は見えず、右目は弱視。そのハンデを感じさせない技の数々は、「継続は信なり」という彼のモットーから生まれた。時には深夜まで及ぶ激しい練習と苦しい減量。「何をやってるんだろう」と思う時もあるが、それでも「あの時続けていたらと後悔するのが怖い」と、ひたむきに努力を続けた。その結果、視覚以外の感覚を極限まで研ぎ澄ませ、組手の感触で相手の動きを察知する「第六感」を身につけ、パラリンピック3連覇という偉業を成し遂げた。「自分が納得するまでやり続ける。そうすれば自信はいつか確信にかわる」と語る藤本選手。どんな困難にも屈しない、継続する信念で世界の頂点を再び狙いにいく。

RULE 柔道
激しい技の掛け合いに、一瞬たりとも目が離せない。

 パラリンピックでは視覚障がい者が対象となり、一般の柔道と同じく男女別体重別で競技を行うので、全盲と弱視など見え方の異なる相手との対戦もある。競技ルールも一般とほぼ同じだが、大きく違うのは両選手が互いに組んだ状態から試合が開始される点。途中で両者が離れると「まて」がかかり、道場中央に戻って組み直してから試合再開となる。組み手争いがなく、常に組んだ状態で技の掛け合いになり、「まて」の間は試合時間も止まる。そのため試合時間が長くなることが多く、選手はスピードだけでなく持久力も必要とされる。

画像: www.tokyoheadline.com
www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.