画像1: VR元年 TOKYO GAME SHOW 2016開幕!!

今年も東京ゲームショーが、千葉・幕張メッセにてスタートした。今年の出展数は614企業。内海外企業が345社と国内出展企業を上回っている。理由としてはスマートフォンや、今注目されているVR(仮想現実)プラットフォームにより世界規模でゲーム産業が拡大したことにある。

画像2: VR元年 TOKYO GAME SHOW 2016開幕!!

 また、今年は初めてVRコーナーを設置し、6つの国・地域から35社が出展。VRタイトルは110となり、今年は「VR元年」と言えるだろう。

画像3: VR元年 TOKYO GAME SHOW 2016開幕!!

 そして、ビッグタイトルも多数出展! 『龍が如く6』『バイオハザード7』『ファイナルファンタジーXV』『人喰いの大鷲トリコ』などの話題作も出展。開場内の注目を集めていた。今年の出展タイトル数は、事前登録があったものだけで1523(昨年1283)と大幅アップ! きっとお気に入りのゲームが見つかるはず!?

画像: www.tokyoheadline.com
www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.