画像: サッカーW杯最終予選メンバー発表 “精神的支柱”川島が復帰

 日本サッカー協会は29日、2018年サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会のアジア最終予選、イラク戦(6日、埼玉・埼玉スタジアム)とオーストラリア戦(11日、メルボルン・ドッグランズスタジアム)の日本代表メンバー26人を発表した。本田、香川、長友といった常連組が選ばれるなか、DFの植田、MFの永木といったフレッシュな顔ぶれも見られた。

 またGKの川島が代表に復帰した。川島は現在、フランス1部のメスに所属するも第3GKの扱いで試合出場はないのだが、ハリルホジッチ監督は「エイジはプレーはしていないが、プレーしていないのは残念ながら彼だけじゃない。エイジにはグループの中で特別な役割を担ってもらわなければいけない。発言力もあるし、チームに良いスピリットをもたらせるんじゃないかなと思っている。そしてリーダーの一人でもある。経験もある。厳しいこの戦いには、彼のグループの中での存在感が必要になってきます」と精神的支柱としての役割を期待しているようだ。

 監督はかねてからクラブで試合に出ていない選手は使わないと言っていたが「川島、長友、吉田、長谷部、香川、清武、本田、岡崎、宇佐美、武藤を除いてしまうと、誰と交代しますか? かなり難しい。だからこのような選択は私にはできないということです」と説明。しかしドイツで活躍中の大迫の名が上がった時には「岡崎よりもいいプレーをしていれば、岡崎を呼ばずに大迫を呼ぶことになるだろう。岡崎がキャップ数100を超えていても、そこは関係ない。それは皆さんに公言できるし、これは全選手に対するメッセージでもある」と話した。また海外組については「3カ月も4カ月も先発を取れない状態が続いたら、それは全く違う問題が起こる。それは起きてほしくないことだが」とも話した。

GK】
川島永嗣(メス)
東口順昭(G大阪)
西川周作(浦和)

【DF】
長友佑都(インテル・ミラノ)
槙野智章(浦和)
森重真人(東京)
太田宏介(フィテッセ)
吉田麻也(サウサンプトン)
丸山祐市(東京)
酒井宏樹(マルセイユ)
酒井高徳(ハンブルガーSV)
植田直通(鹿島)

【MF】
長谷部誠(フランクフルト)
柏木陽介(浦和)
永木亮太(鹿島)
香川真司(ドルトムント)
清武弘嗣(セビリア)
山口蛍(C大阪)
大島僚太(川崎F)

【FW】
岡崎慎司(レスター)
本田圭佑(ACミラン)
小林悠(川崎F)
原口元気(ヘルタ)
宇佐美貴史(アウクスブルク)
武藤嘉紀(マインツ)
浅野拓磨(シュツットガルト)

画像: www.tokyoheadline.com
www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.