画像: オンリーワンの歌声に包まれて
「Heart Song Tears」クリス・ハート

 美しい歌声と、すべてを包み込んでくれるような存在感で、日本の歌が持つ魅力を再発見させてくれるクリス・ハートが新しいカバーアルバムをリリース。泣けるという表現がポジティブに取られるのは日本だけ——。今作のキャッチフレーズにもあるようにアルバムは泣ける日本の歌がずらりと並んでいる。収録曲は、先日リリースされたシングルで、クリス自身が父親になったことにも重なる『いのちの理由』(さだまさし)、『ひまわりの約束』(秦基博)、『言葉にできない』(オフコース/小田和正)、『初恋』(村下孝蔵)など。合唱の定番曲ともいえる『旅立ちの日に』にも挑戦。全13曲を収録している。並んでいる曲名をみるだけでも、目頭が熱くなってくるが、楽曲を聞き出したら最後、目は水のトラブルになるだろう。日に日に長くなる夜、夜だけでなく日中でも、優しい気持ちになりたい時にはぴったりの作品だ。まもなくクリスは全国47都道府県を巡るツアーをスタートする。チャンスがあればライブの醍醐味も味わって。泣けるんじゃなくて、泣いちゃうかも。


[J-POP ALBUM]ユニバーサルシグマ 10月19日(水)発売 初回限定盤(DVD付き)3800円 通常盤3000円(ともに税別)

画像: www.tokyoheadline.com
www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.