画像: 佐々木(左)の重いパンチが岩崎をとらえる(撮影・上岸卓史)

佐々木(左)の重いパンチが岩崎をとらえる(撮影・上岸卓史)

 立ち技格闘技『Krush.70』(10月15日、東京・後楽園ホール)のダブルメインイベントでKrush-63kgと-67kgのタイトルマッチが行われた。

 第1試合の-63kgタイトル戦は、この試合がチームドラゴン離脱後、初めての試合となる王者・佐々木大蔵が岩崎悠斗を3-0の判定で破り初防衛に成功した。
 2人は2015年に1度対戦し、岩崎が勝利を収めており、佐々木は大きな借りを返したこととなる。
 試合は序盤、前がかりになる佐々木を岩崎が強烈なローキック、前蹴りで牽制。佐々木のローに岩崎がパンチを合わせるなど押し気味に進めるも、1R終了間際、岩崎のローに合わせ佐々木が右ストレートを放つと岩崎はバランスを崩して尻もち。これはスリップと判断されたが、これで佐々木は嫌な流れを断ち切った。

画像: 新チームKRESTとしての初陣。前王者の山崎秀晃(左)もセコンドについた(撮影・上岸卓史)

新チームKRESTとしての初陣。前王者の山崎秀晃(左)もセコンドについた(撮影・上岸卓史)

 2Rに入るとローの打ち合いから徐々に佐々木がペースを握り始める。佐々木が左ボディーブローからの右フック。そこに岩崎が左フックを放つと佐々木も左フックを合わせダウンを奪う。後がない岩崎は3Rラッシュをかけるが、しのいだ佐々木は中盤以降は印象的な重い右フックを主体に盛り返す。ジャッジの一人が30-26をつけるなど、危なげなく勝利を収めた。

 試合後、佐々木はリング上で「今日はKREST所属として出場したんですが、今まで14年間、前田憲作先生にお世話になったということは変わりのないことです。14年間ありがとうございました。これからは渡辺代表率いるKRESTでみんなで一緒に戦っていく。常勝軍団と言われたチームドラゴン以上にKRESTを常勝軍団にしたい」と話し「来年2月、ライト級トーナメントがK-1で行われるんですけど、-63kgのチャンピオンとしてエントリーお願いします」とK-1への出陣をアピールした。

画像: 塚越(右)が壮絶な打撃戦を制する(撮影・上岸卓史)

塚越(右)が壮絶な打撃戦を制する(撮影・上岸卓史)

 第2試合の-67kgタイトル戦は王者・渡部太基に塚越仁志が挑戦。壮絶なド付き合いの末に塚越が2-0の判定で勝利を収め、プロ生活10年にして初戴冠を果たした。

 2人は約1年前に当時、王者だった牧平圭太への挑戦権をかけて対戦。塚越が先制のダウンを奪ったものの、渡部が2度のダウンを取り返し逆転勝ち。渡部はその勢いそのままに牧平も破り、第4代王者となった。塚越はその後、平山迅をKOで沈め、再戦にこぎつけた。
 今回も1Rから激しい打撃戦を展開。距離を取ろうとする塚越に対し、渡部は蹴りをもらってもとにかく前へ。渡部がパンチでぐらつかせる場面もあったが、塚越も要所で放つミドルキックやカウンターのストレートで渡部の突進を止める。ほぼ互角の打ち合いを見せたが試合が動いたのは2R。塚越が飛びヒザから左フックを放つと渡部はぐらり。塚越は追撃の左フックの連打を放つと渡部は崩れるようにダウン。渡部はなんとか立ち上がるが、続けての連打ですぐに2度目のダウンを喫する。この時点で残り47秒。もうダウンできない渡部だったが、ここから逆襲。パンチの連打で逆サイドまで塚越を押し返す。
 この勢いは3Rに入っても続き、今度は渡部が左ハイキックでダウンを奪う。なおも攻撃の手を緩めない渡部だったが、塚越はふらふらになりながらも無意識のうちに渡部に体を寄せて倒れない。なんとかしのぎ切り終了のゴングを聞いた。

 ダメージの大きい塚越は試合後の会見で「お客さんの声しか聞こえなくて、あとはほとんど覚えていない。断片的に(渡部に)迫られているところだけ…。何回倒したかも覚えてない」と振り返った。勝利の瞬間、セコンドについていた左右田泰臣、同じジムのKANA、そして城戸康裕らが歓喜の声をあげた。その左右田は会見中も涙を浮かべながら塚越を見守る。その姿を見た塚越は「いつも左右田さんに僕だけベルト巻いてないってバカにされて。その左右田さんが泣いてるのが…優しいですね」と話した。

 また今大会から16人が参加し7カ月に渡って行われる「第5代Krush-60kg王座決定トーナメント」がスタート。この日は4試合が行われ、渡辺武、佐野天馬、朝久泰央、覇家斗が次戦に駒を進めた。
 タイトル戦を経験している大沢文也、島野浩太朗、K-1の日本代表決定トーナメントに出場した明戸仁志といったキャリアのある選手たちが1回戦で姿を消す波乱のスタートとなった。

画像: -60kg王座決定トーナメント【写真左上】渡辺武(右)が延長の末勝利 【写真右上】KRESTの佐野天馬(右)が3-0の判定で松野祐貴を下す 【写真左下】18歳の朝久(左)がテクニシャンの大沢に僅差の勝利 【写真右下】Krush初参戦の覇家斗(右)が常連の島野を破る(撮影・上岸卓史)

-60kg王座決定トーナメント【写真左上】渡辺武(右)が延長の末勝利 【写真右上】KRESTの佐野天馬(右)が3-0の判定で松野祐貴を下す 【写真左下】18歳の朝久(左)がテクニシャンの大沢に僅差の勝利 【写真右下】Krush初参戦の覇家斗(右)が常連の島野を破る(撮影・上岸卓史)

画像: www.tokyoheadline.com
www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.