画像1: 年末のRIZINでベネットと再戦の木村
「前回のことは覚えていない(笑)」

 RIZIN FIGHTING FEDERATIONが11月1日、都内で会見を開き、格闘技イベント「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント 2nd ROUND/Final ROUND」(12月29、31日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)にK-1ファイター、木村“フィリップ”ミノルの参戦を発表した。

 木村は9月大会に参戦し、チャールズ・“クレイジー・ホース”・ベネットに衝撃の1R7秒TKO負け。今回は早くも、そのベネットとの再戦が実現した。

 この対戦が即座に組まれた背景について高田延彦RIZIN統括本部長は「周囲の早く見たいという声で実現した。あれが木村選手の実力なのか? 前回は交通事故のようなもの。一瞬の綾でああなってしまった。もう一度ああなるかもしれないけど、また見たい。なにかやらかしてくれるんじゃないかと、みんなが期待している。果たして2人が打ち合ったらどんな試合になるんだろう? あれが本当の木村選手の実力なのか? みんながこの目で確認したいと思っている。そういう周囲の声で実現した」と話した。そして「誰よりも大きなプレッシャー、大きな十字架を背負って、この短いスパンでリベンジのリングに戻ってくるが、最高のパフォーマンスを見せてほしい」と続けた。

画像2: 年末のRIZINでベネットと再戦の木村
「前回のことは覚えていない(笑)」

 そしてベネットの「川尻とのリマッチを組んでくれてありがとう。えっ、違うのか? なんで木村とリマッチしなければならないんだ? またやりたいなんて、よほどおねんねするのが好きなんだろう。前回は役立たずのセコンドがいたが、自分の本能で戦えば10秒ぐらい持つんじゃないか」というなんともおちょくったコメントが読まれると、木村は「もう1回あのクソ野郎とぶつかって、叩き潰せると思うと興奮している。前回はああいう形になったけど、期間も短かったし、今は充実した準備ができているので、早くあいつをぶっ倒して、総合でもトップの世界にいきたい。MMAファイターにいろいろひどいことも言われたりして、そうやって批判を受ける中で、今までの自分の持っていたドロドロとした汚い部分がもう1回湧き出てきたので、みんなに見せてやりたい。お前らじゃこの世界は引っ張っていけないし、俺みたいな選手がいないとつぶれてしまうと思うので、俺が勝ってど真ん中に立ちたい。あのクソ野郎をひねりつぶしてやりたい」と一気に吐き出した。

 そして前回の敗戦については「都合のいいことに、あまり覚えていないので分からないです(笑)。興奮したんですかね。ベネット選手が“ヴァンダレイの指示が…”とか言っていたが、実際のところヴァンダレイとはあまり話していない。多分興奮していっちゃったんだと思う。次はしっかり内容で思いっきり跳ねたい。すぐに再戦を組んでもらったのは感謝しています。だから前回以上に熱くなる激闘をしたい」と話した。

画像: www.tokyoheadline.com
www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.