画像1: ©SHOOT BOXING

©SHOOT BOXING

 11月11日(金)に東京・TDCホールで開催される『SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup2016』に出場するMIO選手とUnion朱里選手のインタビューを公開。

 11月11日(金)東京・TDCホールで開催される『SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup2016』でSB日本女子ミニマム級王座決定戦を行うMIO(シーザージム)とUnion朱里(GSB名古屋)。両者はこれまでに3度対戦し、MIOが3戦3勝しているが、前回7月の試合では延長にもつれ込む接戦だった。4度目の対戦を制し、初代女王に輝くのはMIOか、朱里か。

MIO選手インタビュー

――ビッグマッチS-cup出場が決まった時の心境を教えて下さい。
「RENAちゃんの試合で観に来ていた大会で、凄く憧れの舞台でした。そこでタイトルマッチが出来るので凄くモチベーションは高いです」

――相手は4度目の対戦となるUnion朱里選手となりました。これまでMIO選手が3戦3勝です。初対決となった2012年8月は2RTKO勝ち、2014年2月の2戦目は判定勝ち、3戦目の2016年7月には、延長戦で判定勝利となりました。
「毎回対戦する度に実力が近づかれている感じはします。4度目の正直で完全に仕留めて、私とやりたいと二度と言わせないようにしたいと思います」

――3戦目は延長戦までもつれ込み、どっちが勝ってもおかしくない内容でした。
「そうですね。周りからは『もう一回やることになるだろうね』とは言われてました。お父さんも『絶対にまたあるで』と言っていて、またやるんだろうなという意識はずっと持っていたのでしっかり準備は出来ています。今回も接戦にはなると思いますが、技術というより気持ちの勝負となるのでそこで差を見せて初代ベルトを獲りたいと思います。」

――同じ相手と何度も対戦するというのはどういう心境ですか?
「選手層が薄いので仕方がないのかなと。相手は私のことを研究して以前とは違うとは思いますが、私も対策はしているのでいつも通りに戦うことを心掛けてます」

――前戦となった10月9日、花やしき大会での梅尾メイ戦では見事にバックドロップが決まってましたね。
「自分の中でバックドロップが凄くやりやすいんです。かっこいい技なので試合ではどんどん決めていきたいですね」

――後半には疲れが見えてました。
「次はベルトがかかっているので気持ちの面でバテることは絶対にありません。初めての5Rなのですが、しっかり準備して最後に笑えるようにしたいと思います」

――Union選手を投げまくりますか?
「そうですね。今回は新しい技にどんどんチャレンジしてビビらせようかなと。RENAちゃんとずっと練習していて絞め技も習っているのでやってみようと思います」

――それは9月のRIZINでRENA選手が山本美憂選手にフロントチョークで一本勝ちしたことに刺激を受けたからですか?
「かなり刺激を受けました。RENAちゃんは本当にスターですよね。間近でその試合を見ることが出来て、一緒に練習も出来ている選手というのは私しかいません。凄くありがたい環境なのでRENAちゃんの魂をしっかり受け継いで次世代のスターになるのは私だと思っています」

――RENA選手に続いてメインの座も狙いますか?
「そうですね。どんどんステップアップしていきます」

――今回勝って年末のRIZIN出場も?
「ぜひそういうチャンスがあれば、自分から進んで掴み取りたいと思います」

――今年は連戦が続いてますが、疲れはないんですか?
「試合しかすることがないし(笑)、モチベーションはあるので頑張るだけです」

――タイトルを獲って来年はどういう一年にしていきたいでしょう。
「試合に勝つのもそうですが、S-cupが終わったら芸能面でも自ら動いてどんどんチャレンジしていこうと思います」

――芸能面ではどういうことを考えているんですか?
「元SB世界ウェルター級王者の土井広之さんがアクション関係のことをやられているので、そこでやらせてもらいたいなと」

――朱里選手にメッセージはありますか?
「4度目の対戦になりますが、もうチャンスはないです。しっかりここで実力差、気持ちの差を見せつけた上で、48㎏級は私の階級というのを試合でわからせます。ファンの皆さんは私が初代ベルトを巻く姿を会場で目に焼き付けて下さい」

画像2: ©SHOOT BOXING

©SHOOT BOXING

Union朱里選手インタビュー

――MIO選手と4度目の対戦が決定しました。
「やった!と思いましたね」

――前回7月の試合では延長戦の末に僅差の判定で敗れてしまいましたが、そこからまたすぐにでも対戦したいと思っていたのでしょうか?
「そうですね。ですが、前回の試合のことは覚えてないんです。試合中にいい攻撃をもらって全く試合のことを憶えていないのでやった気がしていません(笑)」

――えっ? そうなんですか? 何ラウンドからの記憶がないんでしょう?
「大会当日の朝の記憶からないです(笑)。言われて思い出します。トーナメント一回戦で
台湾のYURI選手をKOしたことも覚えてないんです」

――今までの試合でもそういうことは?
「ないです。どの攻撃をもらって記憶が飛んだのかもわかりません」

――MIO選手との試合映像を見てどういう感想を持ちましたか?
「本戦で自分が勝ったという人がいたのですが、倒し切れなかった自分に問題があると思います。次は倒します」

――実力差は感じなかったですか?
「2年前にやったときほどは感じなかったです。そんなに差はないなと。今はパンチの出入りの練習をしているので、それがしっかりはまれば相手は倒れるんじゃないかなと思います」

――SB初代ミニマム級のベルトが懸かっていることに関してはどう思いますか。
「申し訳ないのですが、そこはそんなに執着はないです。ベルトよりもMIOちゃんに勝ちたい気持ちの方が強いです」

――7月のGirls S-cupの前日会見の時には「(MIOの)引き立て役になるつもりはないので空気を読まずに優勝したいと思います」とトーナメント優勝候補扱いのMIO選手に対して噛みついてましたよね。
「主催者のそういう扱いは面白くない上に、MIOちゃんの試合自体も面白くないですからね。アハハハ! 自分の方が面白い試合をするので、48㎏級の主役にはなれないと思います」

――12月には香港での試合が早くも決まったそうですね。そのことについて10月24日の記者会見でMIO選手は「Union朱里選手が3回も負けているのに私との試合後に12月にも試合が決まったとツイッターで書いてました。その時点で、もう勝ったと思いました」とコメントしてます。
「12月の試合の方が先に決まったんです(笑)。でも、MIO選手との試合が決まったからには、12月の試合がなくなってもいいぐらいに挑みますが、両試合とも勝っていい正月を迎えたいですね」

――MIO選手は「私とやりたいと二度と言わせないようにしたい」と言われてます。
「私も同じことを思ってました(笑)」

――同じ選手と4度対戦するというのはどういう心境ですか?
「向こうは3度勝っているから何でやならきゃいけないの?と思うかもしれませんが、こっちは負けているので特に嫌な思いはないですね」

――MIO選手はやりやすい相手? それともやりにくい相手?
「私も向こうも同じ条件なのでそこはあんまり気にしたことないです」

――MIO選手はバックドロップで投げまくりたいとも言われてました。
「無理だと思います。私は投げにあまり執着ないので打撃で勝負します」

――ここ数戦の朱里選手の試合を見て思ったのですが、急激に力が伸びましたよね?
「自分でも正直それを感じてます(笑)。まだ伸びると思いますよ。うちのジムには同じ階級の女子選手が多く、一緒に練習できていることで強くなっているのかもしれません。あと組みの練習が増えたのでそこで自信が付きました。今までは首相撲が苦手でしたが、色んな人に教えてもらって何となくわかってきました」

――今回勝って来年はどういう一年にしたいですか?
「他団体の48㎏級のチャンピオンともやりたいですし、51㎏級でも試合をやれるのでそこでもネームバリューのある強い選手とやりたいです。シュートボクシングの女子軽量級は私が引っ張っていきます」

〈主催のシュートボクシング協会より〉

This article is a sponsored article by
''.