都市生活者が農業を楽しみながら実践するファーミングプロジェクトが5月29日、千葉・リソル生命の森リゾート内のファーミングガーデンで行われた。

画像1: 収穫が待ちきれない! 秋の味覚サツマイモを植える
Farming Event Report【2016.5.29】

 夏のような日差しとなったこの日も、まずはいつもの雑草取りから。小さく実ったピーマンや茄子、苺の畑が無事に収穫を迎えられるよう丁寧に草をむしっていく。必要のなくなったマルチを外したり、成長を遅らせる茄子の脇芽を取るなど、久しぶりの畑と作物がきれいになったところで、今回のメインである、さつまいも、枝豆、落花生の植え付けが始まった。さつまいもは安納芋と紅あずまの2種類。ジャガイモ畑の隣に鍬で高さ約40㎝の畝を作る。鍬で掘り起こしたところの草を丁寧に取り除き、ふわふわの畝を作ったら、その上に水をまきマルチを張る。プロジェクトも6年目となると、マルチを張るのもお手の物で、サクサク作業をすすめる参加者たち。その後はマルチの上から斜めに穴をあけ、苗を差していくだけ。最後にたっぷりの水をやればサツマイモの植え付けは完了。落花生、枝豆も同様に作業し、植え付けはあっという間に終了した。

画像2: 収穫が待ちきれない! 秋の味覚サツマイモを植える
Farming Event Report【2016.5.29】

 しかしこの日は畑仕事のほかにもうひとつ大仕事が。畑の飼料を置く囲いを丸太と板で作るのだ。チェーンソーで丸太を切り、丸太の直径より一回り大きい深さ50㎝の穴に入れる。土を戻し固めたら丸太に板を打ち付け壁を作る。これが思った以上の重労働。丸太の重さ、板の長さ、チェーンソーや電動ドリルに不慣れなことが重なり、それぞれが苦戦。それでもなんとか自分たちの手で作ることができた。

画像3: 収穫が待ちきれない! 秋の味覚サツマイモを植える
Farming Event Report【2016.5.29】
画像4: 収穫が待ちきれない! 秋の味覚サツマイモを植える
Farming Event Report【2016.5.29】
画像5: 収穫が待ちきれない! 秋の味覚サツマイモを植える
Farming Event Report【2016.5.29】
画像6: 収穫が待ちきれない! 秋の味覚サツマイモを植える
Farming Event Report【2016.5.29】

This article is a sponsored article by
''.