画像: 美輪明宏が贈る〈恋と愛の物語〉

 三島由紀夫と美輪明宏の美学が織り成す、ロマンあふれる物語を上演。美しく、妖しく、はかなく、悲しい幻想の世界を、美輪演出ならではのスペクタクルに、ロマンティックに、ダイナミックに、そしてドラマティックに展開。恋する女の魂の悲しくも恐ろしい物語『葵上』、美しすぎるがゆえにあまりにも悲哀に満ちた定めを負わねばならない、『卒塔婆小町』。〈美と醜〉〈若者と死〉など〈正負の法則〉に基づく2作品を贈る。チケットはローソンチケットで。


【公演日程】2017年3月26日(日)〜4月16日(日)【会場】新国立劇場 中劇場【料金】S席 1万800円/A席 7500円【先着先行】12月11日(日)まで【一般発売】12月25日(日)10時〜【Lコード】33860 ※未就学児入場不可

画像: www.tokyoheadline.com
www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.