画像: 写真左から、長野・川上村の西尾友宏副村長、三重県の岡村昌和局長、結婚・婚活応援プロジェクトの増田寛也アドバイザー、同プロジェクトの辻村都雄代表理事、静岡市の小長谷重之副市長、日本ATM株式会社の中野裕代表代表取締役社長

写真左から、長野・川上村の西尾友宏副村長、三重県の岡村昌和局長、結婚・婚活応援プロジェクトの増田寛也アドバイザー、同プロジェクトの辻村都雄代表理事、静岡市の小長谷重之副市長、日本ATM株式会社の中野裕代表代表取締役社長

 結婚・婚活に関する啓蒙活動を行う、一般社団法人 結婚・婚活応援プロジェクトは6日、都内で、結婚・婚活メディアカンファレンスを行った。同プロジェクトのアドバイザーを務める増田寛也氏も出席した。増田氏は、会社や趣味を同じくする人たちが集まるサークルのようなコミュニティのなかでの恋愛に対して消極的になっている傾向を指摘したうえで、「新しいコミュニティの創出」の必要性を語った。

 カンファレンスでは、婚活に関して、独自の取り組みを行っている企業、地方公共団体を表彰。企業では、結婚お祝い金を増やしたり、独身社員を対象にしたSNSを運営したり社内結婚を促進する施策を実施する日本ATM株式会社が選出された。

 自治体で表彰されたのは、三重県、静岡市、長野県の川上村の3つの自治体。三重県では、幸せそうなカップルなどを見ていると結婚を意識することが多いというデータに基づき、幸せそうなカップルによる動画を制作、上映イベントなどを行って、「幸せの見える化」を図っている。静岡市は、結婚支援事業「しずおかエンジェルプロジェクト」を行っている。究極の少子化対策は婚活と、さまざまな婚活イベントや結婚への機運をアップさせる施策をしている。婚活イベントでは、登呂遺跡で火おこしなどユニークなものもあり「火が付いた人たちもいる!」と、担当者はにんまりだった。 長野県の川上村は、女性が「結婚したい」地域、お嫁に来たいと感じてくれる村にするために、産業や暮らしなどさまざまな観点から村の魅力を高めている。それによって女性が活躍できる機運をアップ、のちには出会いの場も増やしていきたいとした。

画像: www.tokyoheadline.com
www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.