画像: 【写真左】「フィジカトピア」のためのイメージ・ドローイング 【写真右】The Greatest Show on Earth 2016  撮影:Anja Beutler

【写真左】「フィジカトピア」のためのイメージ・ドローイング
【写真右】The Greatest Show on Earth 2016 撮影:Anja Beutler

 2006年に垣尾優と塚原悠也が立ち上げたアーティスト集団コンタクトゴンゾ。まるで殴り合いのように激しく身体をぶつけ合うパフォーマンスや、京都サンガF.C.のホーム西京極スタジアムの広大な空間で行ったパフォーマンスなど、ユニークな活動で国内外からも注目を集める彼らが、ワタリウム美術館に登場。本人たちも宿泊する気満々の“居住スペース”や、未来のゴンゾをイメージした“ロボット”、2014年の六本木アートナイト2014で発表した『黒い家』から発展したと見られるインスタレーション作品、さらには未発表を含めた、過去のパフォーマンス作品の記録映像などを紹介。彼らの多次元的活動を通して、その表現、方法論に迫る。

 会期中はイベントも開催。2月5日は植野隆司(テニスコーツ)、コンタクトゴンゾ出演のパフォーマンスや宇川直宏(DOMMUNE)、東浩紀などが出演するトーク。2月25日はDJ方、コンタクトゴンゾ出演のパフォーマンスを実施。

コンタクトゴンゾ展 フォジカ・トピア
ワタリウム美術館 2月5日(日)〜3月26日(日)

【時間】11〜19時(水曜は21時まで)【休】月曜(3/20は開館)【料金】大人1000円、学生800円【問い合わせ】03-3402-3001【交通】地下鉄 銀座線 外苑前駅より徒歩8分【URL】http://www.watarium.co.jp/

画像: www.tokyoheadline.com
www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.