画像1: 劇団EXILE八木将康「こんなに激しいスポーツだとは…」
ブラインドサッカーに挑戦

 劇団EXILEの八木正康が28日、北海道・北海道立総合体育センター「北海きたえーる」で開催されたパラリンピック競技、ブラインドサッカーの大会「ムトウ杯ブラインドサッカー 北海道オープンカップ2017」にスペシャルゲストとして参加しブラインドサッカーに挑戦した。

 ブラインドサッカーは、国際サッカー連盟(FIFA)が定めたフットサル(5人制室内サッカー)のルールを一部修正したものに沿って、視覚に障がいのある選手がプレーできるように考案されたサッカー。アイマスクを付けた選手たちが、ボールに入っている鈴の音とコーラーと呼ばれるガイド役の声を頼りに得点を競い合う。2004年のアテネ大会よりパラリンピックの正式競技に採用されており、2020年東京パラリンピックの正式競技種目として日本でもさらに注目を集めている。

 そんな中開催された本大会には、北海道唯一のブラインドサッカーチーム「ナマーラ北海道」を始め、筑波大学付属視覚特別支援学校に在学する中高生を中心としたチーム「free bird mejirodai」、九州唯一のチーム「ラッキーストライカーズ福岡」の3チームが参加。試合が始まるやいなや各チームとも序盤から白熱した試合を展開、シュートが決まると会場は大歓声に包まれ、観戦していた八木も思わず飛び上がって喜びをあらわにしていた。

 初めてブラインドサッカーを観戦したという八木が、「正直こんなに激しいスポーツだとは思っていなかったので、終始ハラハラ、ドキドキしながら観させていただきまし、最後には感動をもらいました。これからもみなさん頑張ってください」と選手に向けてエールを送ると、客席からは大きな拍手が送られた。

画像2: 劇団EXILE八木将康「こんなに激しいスポーツだとは…」
ブラインドサッカーに挑戦

 また、大会中にはエキシビジョンマッチとして、ブラインドPK対決が開催され八木も参戦。彼も所属するLDH JAPANが2010年より開催している小学生向けフットサル大会「EXILE CUP」においてブラインドPK対決を経験して以来、今回が2度目の挑戦という八木将康。「前回は全くできなかったので、今回こそゴールを決めたい」と意気込んで臨んだものの惜しくも外してしまい、「実際にやってみると、本当に難しいスポーツだなと改めて感じました」と悔しがった。「普段どれだけ視覚というものに頼って生活しているかが分かりましたし、それを失ったとたんに平行感覚も分からなく、本当に選手のみなさんは凄いなと思いました」とコメントを述べた。

 その他、この日はLDHのグループ会社EXPGが展開するダンススクールEXILE PROFESSINAL GYM札幌校の生徒も応援に駆け付け、迫力満点のダンスショウで会場を大いに盛り上げた。さらに、EXILE SHOKICHIに加えて劇団EXILEからは青柳翔、野替愁平、八木将康という北海道出身のEXILE TRIBEメンバー4名がレギュラーを務めるドキュメンタリー番組「男旅」(北海道文化放送にて毎週土曜10時45分~)の収録も行われており、当日の熱気溢れる大会の模様を近日オンエアする予定だ。

 イベントに参加した八木は、「僕たちは『日本を元気に』というテーマで活動させていただいているので、多くの方に勇気や元気を与えられる存在になりたいと改めて思いました。そして、2020年には東京オリンピック、パラリンピックが開催されるので、俳優としての活動を通して日本を盛り上げていけたらなと思いますし、日本の素晴らしさを世界に発信しみなさんに笑顔を届けていきたいです」と力強く語った。

画像: www.tokyoheadline.com
www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.