画像: EXILE TAKAHIRO舞台初挑戦で初主演
イギリス演劇界の名作「MOJO」が日本初上演決定

 1990 年代にイギリス演劇界で鮮烈のデビューを飾り、今は『007/スペクター』の共同脚本を⼿掛けるなどハリウッド映画界からも熱い注⽬を浴びるジェズ・バターワース。彼の処⼥作にして、イギリス演劇界最⾼の栄誉とされるオリヴィエ賞最優秀新作コメディー賞に輝いた伝説の舞台「MOJO(モジョ)」が、最強のキャストを擁してついに⽇本初演!

 抜群のリズム感に満ちたスピーディーな会話劇で、ダークなこと極まりない若者たちの不安定な⼼理をあぶり出していく。“イギリス演劇界のクエンティン・タランティーノ”とも称されるバターワースの傑作に更なる新鮮味を加えるのは、演出・上演台本を⼿掛ける⻘⽊ 豪。

 また、本作でEXILE のメインボーカリストとして⼈気を博しているTAKAHIRO が初舞台に挑む。TAKAHIROが挑む主人公・ベイビーは、ロンドンにあるナイトクラブのオーナーの息子役。幼いころから父親との確執を抱えており、日頃から気性が荒く、極端に冷たい部分を併せ持つ、歪んだ性格の荒くれ者。ある事件をきっかけに仲間内で起こる抗争の中心人物を演じる。

 共演には 波岡⼀喜、⽊村 了、尾上寛之といった実⼒派俳優のほか、若⼿ながらその幅広い演技⼒で頭⾓を現している味⽅良介、横⽥⿓儀らがTAKAHIRO の脇を固め「MOJO」の世界観を作り上げる。
 21 世紀の東京を震撼させる伝説の舞台が今夏、誕⽣する!

STORY

ロックンロール・カルチャー全盛の1950 年代後半。ロンドンのアトランティック・クラブでは
17 歳のスター歌⼿シルバー・ジョニーの⼈気に⽕がつき、その利権を巡って地元のギャングと
クラブオーナーの間でキナ臭い空気が漂っていた。そんな不穏な気配はいざ知らず、クラブの
下働きの連中はくだらない世間話に花を咲かせては飲み明かす毎⽇。そんなある夏の⽇、事件が
起こる。クラブの⾯々はひどく動揺するが、オーナーの息⼦ベイビーは奇妙なほど冷静だった。
不信と欺瞞が渦巻く中、運命の夜が訪れる──。

This article is a sponsored article by
''.