おいしいものがあると聞けば、調査に行かずにはいられない「東京グルメ探偵」。メタボを気にしつつも食べ過ぎてしまうのがたまにキズ。さて、今日のタレコミは…?

画像: 生ハムとアボカドのバジルピザ 1180円

生ハムとアボカドのバジルピザ 1180円

 新しいスタイルのカフェレストランがオープンしたというタレコミがあり、おしゃれタウン自由が丘に急行!

 駅の南口を降りてすぐのビルの2階にある「LATTE GRAPHIC」は広々とした明るい店内で、くつろげる雰囲気。どこが新しいスタイルなのかとメニューを開くと、多国籍感のあるメニューが。オリエンタル風でもあり、西海岸風でもあり、さらにはヨーロピアンのようでもあり…。けど不思議と統一感があるのは、すべてのメニューが、彩り豊かな生き生きした一皿に仕上がっているから。お店の人に聞くと、オセアニア地方のカフェカルチャーにインスパイアを受けていて、“世界一住みやすい街”6年連続1位のメルボルンのカフェスタイルをお手本にしているとか。メルボルンはオーストラリアのカフェ発祥の地であり、世界一カフェのある街なのだ(店の人の受け売り〜)。ということで、腹ペコの探偵が早速オーダーしたのが「生ハムとアボカドのバジルピザ」と「チキンパルメザン」。ピザは、薄くてパリパリした生地に、サラダ、バジル、インゲン、ビーツ、生ハム、アボカド、カッテージチーズ、焼きレモンがオン! 生地にはたっぷりのバジルソースが塗られ、こしょうとオリーブオイルでシンプルに味付け。これがめちゃウマ。フレッシュなサラダやバジルが、パワーをくれる。美味しくってヘルシーで、ボリューム感があるって、最高だね。続くチキンもケジャン風のピリ辛で、ソースには豆とチーズが入っているのだが、サクサクチキンと相性バツグンで、パワーになる感じ。こりゃ、他ではなかなか味わえない、まさに新しいスタイルのカフェですな。〆はオーストラリア発祥のヘルシースイーツ、ラミントンとブリスボールをオススメのコーヒー、フラットホワイトとともにいただく。ふーっ、落ち着く〜。オセアニア…これから来るね。多国籍カルチャーが楽しめる店に認定!

画像: 1.チキンパルメザン(パン付き) 1280円 2.ラミントン(上) 580円/ブリスボール 250円 3.フラットホワイト 550円

1.チキンパルメザン(パン付き) 1280円 
2.ラミントン(上) 580円/ブリスボール 250円
3.フラットホワイト 550円

LATTE GRAPHIC

【住所】目黒区自由が丘1-8-18 2F【営業時間】8〜23時30分(L.O.23時)【定休日】不定休【TEL】03-6421-2242

This article is a sponsored article by
''.