おいしいものがあると聞けば、調査に行かずにはいられない「東京グルメ探偵」。メタボを気にしつつも食べ過ぎてしまうのがたまにキズ。さて、今日のタレコミは…?

画像: セレブのせなか 2480円(税別、以下同)

セレブのせなか 2480円(税別、以下同)

 滋賀県の食材にとことんこだわったビストロがあるとのタレコミが。しかも、そのあとのタレコミの言葉に耳がピーン!なんと、そのお店がこの春から提供するのが“セレブ豚”を使ったメニューだとか。セレブ豚?! よくよく話を聞くと、バームクーヘンの切れ端をはじめ、いろいろなお菓子やパンの屑をエサにし、さらにミネラルウオーターを飲んで育ったという、なんとも贅沢に育てられた豚なんですって! その味はまるでスイーツのような脂を持っていると聞き、松濤へダッシュ!

 温かみのあるウッディーな内装が心地いいビストロで、まずは地元野菜の「近江のバーニャカウダ」を注文。滋賀県から直送されてくるという野菜たちは新鮮で色が濃く健康そのもの。それがシェフのセンスで美しく盛り付けられている。白味噌とニンニクのソースで食べるバーニャカウダは、洋風であり和風でもある不思議な味わい。でもどの野菜の味も引き立ち、大地の恵みをいただいてるって感じだ。いかん、いかんセレブ豚を食べねば。と思いつつ、気になるメニュー「稚鮎の黒壁ベニエ」をいただく。竹炭パウダーと滋賀の地ビール“黒壁スタウト”を使用したインパクトのあるビジュアル。しかし、竹炭と山椒の塩につけてほおばると口の中がうまみと苦みと香ばしさでいっぱいに。見た目とギャップのある繊細さが面白い。そしていよいよ「セレバーグ」と「セレブのせなか」をオーダー。「セレバーグ」は新じゃがのローストの上に、ハンバーグがドーン! そしてその上には新じゃがチップスをオン! 新じゃがに挟まれたバーグにナイフを入れると、ドクドクと流れる肉汁。セレブ豚とこんな形でお会いするとは(涙)。

 そしてセレブ豚の背中を骨付きで味わう「セレブのせなか」は、豚の出汁とニンニク、タイムで仕上げたソースと豚の出汁にはちみつとスパイスを入れたソースでいただく。全然脂っぽくないけど、しっとりジューシーで、食べごたえもありあり。んー、おいしゅうございました。セレブな豚を気軽に食べたいときに来たい店に認定!

画像: 1.近江のバーニャカウダ 1080円 2.稚鮎の黒壁ベニエ 780円 3.セレバーグ 1580円

1.近江のバーニャカウダ 1080円 
2.稚鮎の黒壁ベニエ 780円
3.セレバーグ 1580円

TABLE O TROIS(ターブル オー トロワ)

【住所】渋谷区松濤1-28-6【営業時間】月〜金:17〜翌4時(L.O.3時)、土・祝:17〜23時(L.0.22時)【定休日】日曜日【TEL】03-6427-0730

This article is a sponsored article by
''.