画像: RIZIN 今年はバンタム級トーナメント開催。
堀口が階級を上げて参加

「RIZIN 2017 in YOKOHAMA-SAKURA-」(4月16日、神奈川・横浜アリーナ)の一夜明け会見が17日、都内で行われた。

 階級が未定だった男子のトーナメントがバンタム級(61.0kg)で行われることが発表された。昨日RIZINデビュー戦で元谷友貴相手に勝利を収めたフライ級の堀口恭司が階級を上げトーナメントに参加することも合わせて発表された。

画像: 会見に参加した伊藤、那須川、川尻、堀口、矢地(左から)

会見に参加した伊藤、那須川、川尻、堀口、矢地(左から)

 フライ級、フェザー級と候補があったなかでバンタム級での開催になったことについて榊原信行RIZIN実行委員長は「元谷選手も本当に強い選手。どこまで堀口と元谷の差があるのかは戦わせてみないと分からないというところがあったが、階級を超えた異次元の強さがあった。昨日の大会後、堀口選手と話しをして、“今年は階級を上げてやってみないか”と相談したところ、“それがRIZINと日本の格闘技界にとってプラスになるのであれば自分はチャレンジする。受けて立つ。今年ベルトが巻けるなら巻きたい”という心強い言葉があって、それを受け止めさせてもらった」と経緯を説明。堀口も「もともと自分は“階級ってあまり関係ないでしょ”という考え方。誰でも来いという感じ。名前のある選手をしっかり倒していきたい」と話した。

画像: 【写真上】会見でのひとコマ。KINGレイナは「ところで7月のRIZINのオファーはどうなってるんすか?」という公開質問に榊原氏もたじたじ「大枚積んで…」と約束 【写真下】最後は仲良く?2ショットに収まった

【写真上】会見でのひとコマ。KINGレイナは「ところで7月のRIZINのオファーはどうなってるんすか?」という公開質問に榊原氏もたじたじ「大枚積んで…」と約束 【写真下】最後は仲良く?2ショットに収まった

 トーナメントに出場するのは16選手。8人ずつA、Bふたつのブロックに分け、7月大会でAブロック、秋の大会でBブロックの1st Roundを行い、勝ち上がった選手が12月29日に2nd Round、12月31日にFinal Roundを行う。

 参加選手は堀口の参加は決定。所英男、山本アーセンといった名前があげられた。また榊原氏は「DEEP、修斗、ZST、パンクラス、できれば日本の各プロモーションのバンタム級のトップ選手にチャレンジしてきてほしいし、今日から世界のプロモーションに出場選手を募集したい」と話した。日本人選手は6人程度を予定しているという。

 現在、同階級は修斗は世界王座が空位で環太平洋王者が石橋佳大、パンクラスは石渡伸太郎、DEEPは大塚隆史、ZSTは柏﨑剛が王者となっている。
 石渡は2013年の「VTJ.2 nd」で堀口と激闘を繰り広げており、参戦が実現すれば大きな話題となりそうだ。

 また女子のトーナメントは49kg級で行われ、8人が参加。秋の大会で1st Roundを行い、大晦日にFinal Roundの予定となっている。トーナメントの盛り上がり状況によっては女子の試合がメーンを務める可能性もあるという。

 この日の会見では自らの階級でのトーナメント開催を期待していた川尻達也が「勝手に独断と偏見で“川ちゃん勝手に一人でサバイバルトーナメント”を7月30日に開催することをいま勝手に決定しました。参加予定選手は川尻達也選手1人。対戦相手は誰になるか分かりませんがお楽しみに。決勝はクロン・グレイシーと信じて戦い続けるだけ」と独自のアプローチでクロンへのリベンジを狙う考えを見せた。

This article is a sponsored article by
''.