画像1: 今夏5年ぶりに仙台で「ジョジョ展」開催

 アニメ化、実写映画化と話題の大人気マンガ『ジョジョの奇妙な冒険』誕生30周年を記念した「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in S市杜王町 2017」の制作発表会が24日都内で行われた。

 本原画展は『ジョジョの奇妙な冒険』の作者・荒木飛呂彦氏の出身地である仙台で行われる。仙台開催は5年ぶりのことで、期間は8月21日から9月10日となり、原画展をメインコンテンツとした「ジョジョフェス」として、作品の舞台となっているS市杜王町のモデルである仙台市が企画した。

 仙台市で原画展が行われるということもあり、仙台市がをモデルとしている杜王町が舞台の『ジョジョの奇妙な冒険』第4部と第8部を中心に多数の原画の展示をする。今回はモノクロで描かれている本編の原画が中心になるとのこと。

画像2: 今夏5年ぶりに仙台で「ジョジョ展」開催
画像3: 今夏5年ぶりに仙台で「ジョジョ展」開催

「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in S市杜王町2017」

【会期】8月12日(土)〜9月10日(日)
※全29日間。8月24日は休館。モノクロ原稿の一部入れ替え
【会場】せんだいメディアテーク 6階ギャラリー
【公式サイト】 http://jojofes.com/

This article is a sponsored article by
''.