画像: ピーテル・ブリューゲル1世『バベルの塔』1568年頃 Museum BVB, Rotterdam, the Netherlands

ピーテル・ブリューゲル1世『バベルの塔』1568年頃
Museum BVB, Rotterdam, the Netherlands

 旧約聖書の物語を題材にした、巨匠ピーテル・ブリューゲル1世の傑作『バベルの塔』をはじめ、16世紀ネーデルラントの重要作品が集結。『バベルの塔』は24年ぶりの来日となるほか、巨匠ヒエロニムス・ボスの油彩画2点『放浪者(行商人)』『聖クリストフォロス』も初来日。代表的な巨匠に加え同時代の作家たちも数多く紹介。宗教から風景や人々の暮らしまで題材を広げていった、16世紀ネーデルラント芸術の豊かさを知ることができる。

 本展では『バベルの塔』に、かつてない視点で迫ったプロジェクトも見どころ。今回、東京藝術大学COI拠点の持つ高精度の複製技術により制作された、実物比約300%の巨大複製画を展示。実物の鑑賞では見えにくい細部まで、じっくり堪能できる。また会場では『バベルの塔』のなかの見どころの部分をCGにし、動画で見せるスペシャル映像も上映。ブリューゲルより前にバベルの塔を題材にした作品なども紹介しながら、同作が傑作と呼ばれる理由を徹底解説する。

 また今回はブリューゲルにも影響を与えたとされる奇想の画家・ボスにも焦点をあてる。ボスの模写や、モチーフを借りた作品なども紹介。ボス作品の魅力だけでなくその影響力にも注目する。

東京都美術館 開催中〜7月2日 (日)

【時間】9時30分〜17時30分(金曜は20時まで。入室は閉室の30分前まで)【休】月曜【料金】一般1600円、大学生・専門学校生1300円、高校生800円他【問い合わせ】03-5777-8600(ハローダイヤル) 【交通】JR上野駅 公園口より徒歩7分【URL】http://babel2017.jp

This article is a sponsored article by
''.