画像: エリック・カール『はらぺこあおむし』 関連作品原画、制作年不詳、エリック・カール絵本美術館 © Eric Carle

エリック・カール『はらぺこあおむし』 関連作品原画、制作年不詳、エリック・カール絵本美術館 © Eric Carle

 ベストセラー絵本『はらぺこあおむし』で知られる、アメリカの絵本作家エリック・カールの世界を、貴重な原画・作品で伝える展覧会。米国・マサチューセッツ州にあるエリック・カール絵本美術館の全面協力を得て、選りすぐりの絵本原画など約160点の作品を展示する。

 展覧会は2部構成。第1部では、カールが世に送りだした80タイトルにおよぶ作品の中から『はらぺこあおむし』や『こぐまくん こぐまくん なに みているの?』など、日本でもよく知られた絵本の原画を展示。第2部では、影響を受けたフランツ・マルク、パウル・クレー、交流のあったレオ・レオニらゆかりのある美術家、作家の作品や、日本の絵本作家いわむらかずおとの共作絵本の原画の他、舞台の衣装デザインや立体作品なども展示。カールのアーティストとしての側面に迫る。

『はらぺこあおむし』が生まれてからおよそ50年。今なお、その輝きは失せることなく、親から子へ受け継がれ続けている。永遠の名作絵本を生み出したエリック・カールの真髄に触れて。

世田谷美術館 開催中〜7月2日(日)

【時間】10〜18時(入場は閉場の30分前まで)【休】月曜【料金】一般1200円、65歳以上1000円、大高生800円、中小生500円【問い合わせ】03-5777-8600(ハローダイヤル)【交通東急田園都市線 用賀駅下車。北口から徒歩17分または美術館行バスA「美術館」下車、徒歩3分【URL】http://ericcarle2017-18.com/

This article is a sponsored article by
''.