「日本を元気に」を合言葉に毎週土曜日21時30分からTOKYO FMで放送中の『JAPAN MOVE UP supported by TOKYO HEADLINE』。今回のゲストはEXILEそしてEXILE THE SECONDの黒木啓司さんとNESMITHさん。

画像: 第234/235回9.23/9.30 より

第234/235回9.23/9.30 より

 9月23、30日は、2回連続で、福岡 HMV&BOOKS HAKATAで行われた公開録音の模様を放送。黒木啓司がNESMITHに、NESMITHが黒木啓司となってまずは自己紹介。「ラジオだらから分からないし!」と、リラックスしたムードのなかで収録がスタートした。
 NESMITHは熊本、黒木は宮崎と、ともに九州出身。公開収録の前には、熊本県の南阿蘇の小学校で実施した『夢の課外授業』でダンスレッスン。NESMITHは「天気にも恵まれて、(翌日行われる)運動会の練習をした後に一緒にダンスをしたんですけど(子供たちは)すごく元気でしたね。『Choo Choo TRAIN』をやらさせていただいたんですけど、みんな知ってました。6年生でも生まれてないぐらい前の曲だと思うんですよ、EXILEバージョンでも。得意不得意もあると思うんですけど、汗をかいて一生懸命にやっている姿には心を打たれました。うまくできたとかそうでなかったというよりも、大切なのはそこだと思います」。黒木も「子供たちの笑顔が最高でしたね」。NESMITHはスターだったとナビゲーターの一木が触れると「すごかったです、本当に。メンディー、メンディーって!」と黒木が笑いながら、突っ込んだ。
 また、黒木が立ち上げたプロジェクト『THE NINE WORLDS』についてもトーク。黒木は「九州でEXILEエンターテインメントをもっと近くに感じていただきたいと思って、僕なりのエンターテインメントを突き詰めながら、地域密着型のエンターテインメントを発信していこうというプロジェクトです。イベントやフェス、人材発掘をしたり……LDHは飲食もやってるんでね、九州のおいしいものとかを東京やアジアに届けたいし、九州の人たちにも喜んでもらいたい。みんなと近くにいられることをしたい」と話した。
 もちろん、EXILE THE SECONDの間もなくスタートする最新ツアーも話題に。
 黒木は「前回のツアーは僕らの集大成みたいなものだった。(今回は)僕が思うイメージですけど、パンクにロックに、ヒップホップに。……シド・ヴィシャスみたいな感じに。それぐらいキレてないとダメなのかなって思っています」
 NESMISTHも「それぞれの夢や道を表現するのにセクションがあったりするんです。自分たちのパフォーマンスを媚びずに攻めて出していきたい。それってTHE SECONDにしかできないことだと思うんで」と、意気込んだ。

画像: http://www.tokyoheadline.com

http://www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.