「日本を元気に」を合言葉に毎週土曜日21時30分からTOKYO FMで放送中の『JAPAN MOVE UP supported by TOKYO HEADLINE』。ゲストには、Dream Ayaさん。

画像: 第233回9.16 OAより

第233回9.16 OAより

 東京・丸の内の「Startup Hub Tokyo」での公開収録。早稲田大学の起業家講座EDGEプロジェクトで、学生が企画制作するイベントの一環として行われた。

 Dream Ayaは今年7月に約6年間リーダーを務めてきたE-girlsを卒業。それとともにボーカルとパフォーマーからは引退し、チーフ・クリエイティブ・マネージャーとして、E.G.familyを支えている。
 ボッチャや車いすバスケットボールなどパラスポーツへの関心も高い。話題は、2020年の東京でのオリンピック・パラリンピック大会の話題に。

 プロデューサーとしては「まだまだ新入り。いまは先輩方の背中を見てプロデュース力を高めるべく勉強中」としたうえで「もともと2020年の東京五輪では、E-girlsで、パフォーマンスと音楽を通じて、何かできたらと思っていたので、裏側に行った自分に何かできることはないか模索中です」と、やる気を見せた。

画像: http://www.tokyoheadline.com

http://www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.