ピアニストの大井健から目が離せない。優しく美しく癒したっぷりの演奏、そしてイケメン!と人気を集めている彼がいま、よりいっそうの注目を集めている。作曲家の中村匡宏とタッグを組んだピアノデュオ、鍵盤男子もメジャーデビューを果たし、活躍の場を広げる。そんな彼のいまに触れられる作品がリリース目前で……。

画像: 撮影・仲西マティアス

撮影・仲西マティアス

――ソロピアニストとしてメジャーデビューしたのが2015年。昨年は、デュオの鍵盤男子としてもメジャーデビューを果たしました。大井健というはどんな人?と注目が集まるなかでリリースされるのが『Piano Love The Movie~Music Documentary Film~』。映像作品です。

もともとCDを作りたいということがあったんですけど、ファンの方やお客様から、映像作品を見たいという声をいただいたんです。テレビに出演すると反響もいただいたりしますし、デビューアルバムの『Piano Love』、次の『Piano LoveⅡ』を出させていただいて、その集大成として映像を撮ってみよう、ということになったんです。

―― “オフ・ピアノ”というか、弾いていないときの姿がふんだんに収められています。映像作品を作ると決めたときに、どんなアイデアを持っていましたか?

「どんな風に練習しているのか」と、よく聞かれるんです。僕も自分が好きなスポーツ選手がどんな練習をしているのか見ることができるなら興味がありますから、コンサートをしていない時のピアニストってどんな生活しているのか、他の方はどうしてるかは分からないですけど、僕を通して、それを見て楽しんでいただけたらなって。そんなことを思ってました。

――ドキュメンタリーと銘打つと「命を懸けてピアノをやっている」とか苦悩する姿みたいなものを収めるイメージが強いですが、それよりも「すごく楽しくピアノをやっている」のが伝わってきました。Piano Loveというか、Love Pianoというか…。

それは良かった(笑)! 例えば、ショパンコンクールに密着とか、アカデミックで緊張で張りつめたドキュメンタリーもあると思うし、それは見応えがあると思います。ただ、この作品はピアニストって結構おもしろい職業だなって思ってくれる人がいたらいいなと思って。厳しいところ、大変さ、頑張っているところを、僕があまり見せたくないっていうのもあるんですけどね。それに、映像ですけどBGMのように流してもらえるものを作れたらいいなとも思っていたので、この基調になっていると思います。

続きはTOKYO HEADLINE WEBで。
http://www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.