画像: “ホラー免疫”の無いポーランドで生まれた傑作ホラー

 美しき肉食人魚姉妹が、歌声と美貌で男たちを引き付けては餌食にする、異色のファンタジーホラーミュージカル! 日本では昨年の東京国際映画祭での上映を機に早くから話題を呼んでいたが、アグニェシュカ・スモチンスカ監督いわく「最初まったく理解されなかった(笑)」という。

「実はポーランドでは、もともとホラー映画の文化が無く誰も見ないし作らない。この作品も完成までかなり苦労しました。配給会社にデモ映像を見せたらセックス描写には何も言わず、肉食シーンを見て即“このシーンはカットしてください”って(笑)。もちろんそういうオーダーはすべて拒否しました。なぜならこの作品がユニークで魅力的であるのは美しさと残酷さ両方の側面を備えているからなのです。ホラーとポエム、リアリズムとファンタジー、それらが一体となっているのが本作の重要な点なのです」

画像: ©2015WFDIF, TELEWIZJA POLSKA S.A, PLATIGE IMAGE

©2015WFDIF, TELEWIZJA POLSKA S.A, PLATIGE IMAGE

『ゆれる人魚』

監督:アグニェシュカ・スモチンスカ 出演:キンガ・プレイス他/1時間32分/コピアポア・フィルム配給/新宿シネマカリテ他にて公開中(R15+)
http://www.yureru-ningyo.jp/  

インタビュー記事全文はTOKYO HEADLINE WEBで↓

This article is a sponsored article by
''.