皇治が延長の末、卜部弘嵩に判定勝ち

「K-1 WORLD GP ‪2018 JAPAN‬ ~K'FESTA.1~」(‪3月21日‬、埼玉・さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ)で行われた「K-1 WORLD GP 第4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメント」の1回戦で皇治が卜部弘嵩を延長に及ぶ熱戦の末、判定で下した。

 1Rから卜部のローキックが冴え渡るが、皇治はプレッシャーをかけ回転の速いパンチで応戦。ともに一歩も譲らない打ち合いを展開。本戦は一人が30-29で皇治を支持もドローで延長戦へ。卜部は右ロー、そして右ストレートで攻勢に出る。皇治は左まぶたをカットし出血するも変わらぬ勢いでパンチを放ち続ける。ジャッジの難しいラウンドとなったが、3者とも10-9で皇治を支持した。

 判定が下ると皇治は卜部に近寄り言葉を交わすと頭を下げた。

記事全文はTOKYO HEADLINE WEBで↓

This article is a sponsored article by
''.