画像: ついにオープンした東京ミッドタウン日比谷。エントランス前の開放的な空間・日比谷ステップ広場もくつろぎの場となりそう

ついにオープンした東京ミッドタウン日比谷。エントランス前の開放的な空間・日比谷ステップ広場もくつろぎの場となりそう 

 3月29日、ついにグランドオープンした最新スポット「東京ミッドタウン日比谷」。日本や都内初出店のレストランから、気軽に使えるグルメフロア、日比谷公園の眺めを楽しめるリラックススペースなど、大人が日比谷の居場所にしたくなる魅力を紹介!

日比谷はいつでもくつろげる場所に!

画像: 6階の屋外庭園パークビューガーデンを囲むガーデンレストラン〈DRAWING HOUSE OF HIBIYA〉では日本のテロワールをテーマに季節の厳選食材を使ったフレンチベースの多彩なディッシュを味わうことができる(6F)

6階の屋外庭園パークビューガーデンを囲むガーデンレストラン〈DRAWING HOUSE OF HIBIYA〉では日本のテロワールをテーマに季節の厳選食材を使ったフレンチベースの多彩なディッシュを味わうことができる(6F)

 地下1階地上6階ビル内に、多彩なシーンに活用できるショップや施設、スペースを有する東京ミッドタウン日比谷。地下1階はレトロモダンなデザインの「日比谷アーケード」で地下鉄の駅と日比谷シャンテにつながっており、地下移動がかなり便利に。同フロアにはイートインからテイクアウトまで、気軽に利用できるグルメエリア「HIBIYA FOOD HALL」があり、駅チカで食事したいとき、手土産を探しているときにもおすすめ。

記事全文はTOKYO HEADLINE WEBで↓

This article is a sponsored article by
''.