都市生活者が農業を楽しみながら実践するファーミングプロジェクトが5月27日、千葉・リソル生命の森内のファーミングガーデンで行われた。

画像: 3月に植え付けをしたジャガイモ畑にイノシシが荒らした痕跡が…

3月に植え付けをしたジャガイモ畑にイノシシが荒らした痕跡が…

 暑すぎず寒くもなく農作業には快適な天気となったこの日は、3月に植え付けをしたキャベツの収穫から。丸々と育った立派なキャベツに参加者も大興奮。続いての収穫は空豆。育ちすぎて黒くなったものと、青いものを仕分けしながら収穫。青いものは本日の青空ごはんに。黒いものは秋ごろまで天日干しをして、スープにしていただくとのこと。

画像1: 春キャベツに空豆の収穫と害獣対策!すでにイノシシの痕跡が…【2018.5.27】
画像2: 春キャベツに空豆の収穫と害獣対策!すでにイノシシの痕跡が…【2018.5.27】

 残る作業はすでに植え付けをしている畑のメンテナンス。ここから男性陣は、ジャガイモ畑とカボチャ畑のネット張り。すでにジャガイモ畑はイノシシが荒らしたあとが…。女性陣はトウモロコシ、ナスなどの間引き作業。間引きとは育ちの良い野菜を残して、それ以外のものはカットする作業なのだが、育ちの良い野菜のためとはいえ育っている野菜をカットするのは心が痛む…。

画像3: 春キャベツに空豆の収穫と害獣対策!すでにイノシシの痕跡が…【2018.5.27】

 今回もお楽しみの青空ごはんは、シンガポール料理のパクテー(骨付き豚肉の入った薬膳スープ)をメインに、午前中に収穫した空豆と水餃子と焼き餃子。参加者はパクテーにお好みでパクチーや中華麺、ライスなどを追加していただいた。採れたての空豆はシンプルに塩ゆで。おいしいゴハンですっかり元気になったのであった。次回のファーミングイベントはホタル観賞の予定だとか。

画像: 収穫した空豆は塩ゆでに

収穫した空豆は塩ゆでに

画像4: 春キャベツに空豆の収穫と害獣対策!すでにイノシシの痕跡が…【2018.5.27】
画像5: 春キャベツに空豆の収穫と害獣対策!すでにイノシシの痕跡が…【2018.5.27】
画像6: 春キャベツに空豆の収穫と害獣対策!すでにイノシシの痕跡が…【2018.5.27】

This article is a sponsored article by
''.