「日本を元気に」を合言葉に毎週土曜日午後9時30分からTOKYO FMで放送中の『JAPAN MOVE UP supported by TOKYO HEADLINE』。

画像: 第269回5.26 OA/第270回6.2 OAより

第269回5.26 OA/第270回6.2 OAより

 E-girlsのSAYAKAさんとYURINOさんが2回に渡って登場。E-girlsは先日、11人体制になって初のアルバム『E.G.11』をリリース。番組収録時には全国ツアーのスタートも目前のタイミングと、ダブルの初めてについてが話題の中心になった。

 5月26日の放送では、11人体制になってから今までを振り返りつつ、改めて知った先輩たちの存在の大きさ、新しいタイプの楽曲に出会って感じた迷い、たどり着いたE-girlsが大事にすべきことなどをストーレートに語った。最新アルバムのリード曲『Show Time』を聞きながらアルバムについて、さらにこの作品を携えて行われている最新ツアーの見どころ、楽しみどころも少し。「スポーツ」をテーマにした、アーティストもお客さんも「全員参加型」だといい、周囲からも「遊び心のある今までにないライブになった」と評判なのだそう。

 引き続いて登場した6月2日の放送では、少しプライベートな話も。同じ宮崎出身で付き合いは長い。お互いが出会ったときの第一印象、SAYAKAさんのスーパーキッズダンサーぶり、お互いの変化など、なかなか聞けない話で盛りあがった。

 ツアーもさらに盛り上がりを見せる。「ライブってすごい楽しい」と、SAYAKAさん。「ファンのみなさんの想いも生で感じる場所で、パフォーマーにはライブが一番輝ける場所かなと思います」。

 YURINOさんは「私の発信するダンスや何かで人が笑顔になったり、ちょっとでも幸せになってもらえる、心が動くようなアーティストになりたいです」と話し、さらなる飛躍を誓った。

ポッドキャストも配信中!! 未公開音声もノーカットでお届けします!! 
http://www.jfn.co.jp/moveup/

This article is a sponsored article by
''.