EXILE HIROと、俳優の別所哲也が代表を務める国際短編映画祭『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF&ASIA)』のコラボ企画第2弾『ウタモノガタリ— CINEMA FIGHTERS project —』が22日から公開になる。EXILE TRIBEの印象的な楽曲の数々を生み出してきた作詞家・小竹正人の詩の世界を、気鋭監督たちが映像化するプロジェクトで、6つの詩から生まれた6つの新曲を6つのショートフィルムに仕上げた。

画像: 撮影・仲西マティアス ヘアメイク(山下健二郎)・下川真矢

撮影・仲西マティアス ヘアメイク(山下健二郎)・下川真矢

 釣りを趣味とし海も大好きな山下健二郎と、沖縄を拠点に映画製作を続ける岸本司監督。2人が生み出したのは、沖縄ロケで挑んだ海に生きる男の物語『幻光の果て』だ。R&Bコーラスグループ、DEEPの『Baby Shine』を映像化した。

岸本司監督(以下:岸本)「僕の中で山下さんの印象というと『HiGH&LOW』のコメディー風なキャラクターが浮かんだんですが、今回は楽曲の『Baby Shine』の歌詞から、山下さんの一直線の部分、飄々としていながらも力強さを内に秘めている。そんなところを描きたいと思いました。そんな強さが物語の後半では、到底、他の人は受け入れられないところまで行ってしまう、そんな人物を表現してもらいたくて、完全に山下さんに演じてもらうことを念頭にあて書きで脚本を書きました」

山下健二郎(以下:山下)「うれしいです。監督は、これまでにも沖縄を舞台に作品を作られていて、撮影に臨む前に過去の作品も拝見させていただいたんですが、本当に映像美が素晴らしくて。僕もアーティストとして映像美にも引かれましたし、アウトドア好きとしてはロケ地の魅力の伝え方も素敵だなと思いました。僕ら役者の話をしっかり聞いてくださったことも、大変助けられましたね。今回、事前に監督と密にお話する時間がなく、頂いた脚本を読んで自分なりに役を作って現地に入ったのですが、撮影前夜に監督が、共演の加藤雅也さん、中村映里子さんを含めしっかり話す時間を作ってくださいました。最初に気持ちを一つにして撮影に臨むことができたのは、僕の中で非常に大きかったです」

岸本「山下さんがアーティストとして才能ある方ということは分かっていましたが、役者としても素晴らしくて、現場ではほとんどお任せしてしまいました(笑)。彼がこの役を演じれば大丈夫だと最初から思っていました。実際、かなり大変な撮影も多かったんですが、そういうことも嫌な顔一つせず、むしろ飄々とやってのけてしまうんです」

山下「楽しかったです(笑)」

 ところが実際は、かなりハードな水中撮影もこなしていたとか。

山下「海が舞台なので、水に飛び込んだり水中のショットを撮るという話は伺っていて、水に入るのは抵抗ないし大丈夫ですとお返事していたんですが、いざ沖縄ロケで、撮影に入って3日目かな? 5メートルのプールに飛びこんで、一番深いところまで潜ってもらいます、って(笑)。できませんと言う前に、まずはやってみようと思い、ダイバーの方から酸素ボンベの使い方をレクチャーしていただいて、耳抜きしながら深さに慣れていって下まで潜りました。最初は少し恐怖心もありましたけど実際潜ってみると、こういう経験もなかなかできないなと思いまして。ポジティブにとらえて楽しもうと思ってやったら意外とすんなりできました(笑)」

岸本「本当に申し訳ない(笑)。自分で言うのもなんですけれど、山下さんのおかげで、映像に本当の力が出たと思っています。これまで作ってきた作品と強度が違うものを生み出すことができました」

 山下の主役としての頼もしさにも助けられたと監督。

岸本「最終日、時間が迫っていて役者さんもスタッフも皆、追い詰められていたんですが、そのとき山下さんが“大丈夫、落ち着いて行こう”と声をかけてくれたんです。現場の空気感が一瞬で落ち着きました(笑)。主役として周りのこともしっかり見ていてくれた。機会をもらえるなら、山下さんとぜひまた一緒にやらせていただきたいですね。今度はまったく違うキャラクターを演じてほしいですし」

山下「いいですね、ぜひまた沖縄で(笑)。いろいろな仕事をいただく中でも、今回は短い時間ながら100%気持ちよくやらせていただきましたし、自分としても成長させていただいた気がしています。撮影の合間にスタッフの方に沖縄の話を伺うのも楽しかったですし、日本の各地で、こうしてすごい熱量を持って作品作りをしている方々と仕事できたということも自分の財産になりました」

岸本「じゃあ次はコメディーなんてどうですか(笑)」

山下「いいですね、僕もコメディー好きなんです。また漁師でもいいですけど(笑)」

岸本「山下さんなら、また違う漁師役ができるでしょうしね(笑)。どんな役でも山下さんの芝居で作品を豊かにしてくれるはずです」
 一途すぎる海の男を演じる山下のリアルさも映像に力を与える。
山下「地元の人感、出ていました?(笑)。海の男らしい表情はもちろんですが、服装や髪型といった部分のリアルさにも自分なりにこだわりました。最初に渡された長靴が新品だったので、それをわざと汚したり。漁師さんが身に着けているものや使う道具って使い込まれているんです。そういうこともちゃんと見えるほうが映像にリアルな力がでますよね」
 ショートフィルムながら力強さを持つ作品。本作を通して感じたショートフィルムの魅力とは?
山下「やはり短い時間の中でも伝わるメッセージ性の強さではないかと思います。とくに今回は、6作品すべてに、心に突き刺さるような瞬間がある。短いので1本1本リフレッシュしつつ見ながら、それぞれの見ごたえを楽しめるという、お得な感じがしますね(笑)」
岸本「映画館でもネットでも映像を見ることができる今、ショートフィルムが求められるのは時代の要請のような気もします。ネットで気軽に見ることができるというのももちろんですが、本作のように映画館でも楽しめる、見ごたえあるショートフィルムがどんどん作られるんじゃないかなと思います。そういう意味でも多彩な才能を持つEXILE TRIBEのアーティストがショートフイルムでこれだけのものを見せてくれるというのは、EXILE TRIBEのファンはもちろん、映像作家にとっても素晴らしいことだと思います」
山下「僕も他の作品を拝見しましたけど、僕だけでなくメンバーそれぞれが役者人生の扉をまたひとつ開いたんじゃないかなと思いましたね。岩ちゃん(岩田剛典)なんて普段と全然違う姿を演じ切っていて、役者としてジェラシーすら感じます(笑)。もちろん僕自身もこの作品で成長できたと感じています。僕らの新しい面を表現できたと思っているので、あれこれ言いながら楽しんでもらえればうれしいです!」

(TOKYO HEADLINE・秋吉布由子)

画像: 山下健二郎が岸本司監督との
ショートフィルムで海の男

『ウタモノガタリ — CINEMA FIGHTERS project —』

 6つの詩から生まれた6つの新曲、その世界観を気鋭の監督6名がショートフィルムとして映像化。『トイレのピエタ』で第56回日本映画監督協会新人賞を受賞した松永大司監督作『カナリア』に TAKAHIRO。『舟を編む』で第37回日本アカデミー賞最優秀作品賞最優秀監督賞を受賞した石井裕也監督作『ファンキー』に岩田剛典。『0.5ミリ』で第39回報知映画賞作品賞を受賞した安藤桃子監督作『アエイオウ』に白濱亜嵐。『663114』がベルリン国際映画祭でSpecial Mentionを受賞した平林勇監督作『Kuu』に石井杏奈、山口乃々華、坂東希。SSFF & ASIA で4度「観客賞」を受賞している Yuki Saito 監督作『Our Birthday』に青柳翔。映画『こころ、おどる』で SSFF & ASIA 2015「ジャパン部門」にて優秀賞を受賞した岸本司監督作『幻光の果て』に山下健二郎。さらに、映画界を代表する俳優たちが結集。

 EXILE HIROとSSFF & ASIA代表を務める俳優の別所哲也、そして、EXILEや三代目 J Soul Brothersなどに歌詞を提供してきた作詞家・小竹正人のコラボレーションが生んだ、注目のプロジェクト〈CINEMA FIGHTERS project〉の最新作!

時間:1時間37分 配給:LDH PICTURES 6月22日(金)より全国公開 c2018 CINEMA FIGHTERS

This article is a sponsored article by
''.