江戸時代には「東洋の水の都」と呼ばれるほど川が欠かせない存在だった東京。今も東京の真ん中を流れる川をたどったら、知らなかった東京の風景が広がっていた! 今回は海や川で多彩なレジャーに人気のボート〈AS-21 WB〉に乗って、3人のインスタグラマーが東京リバークルーズを体験。近未来感漂う湾岸エリアから、江戸情緒も広がる神田・日本橋エリアまで、浴衣姿で夏の舟遊び気分を満喫しました!

画像: 東京のランドマークと川から自撮り!
今年の夏はTOKYOリバークルーズ

Tokyo River Cruise!!
江戸情緒あり近未来感ありの川めぐり!

画像1: Tokyo River Cruise!! 江戸情緒あり近未来感ありの川めぐり!

 クルージングというと広々とした海を楽しむイメージも強いけれど、この日は東京ならではの“都心のリバークルーズ”へGO! まずは出発地点のニューポート江戸川から旧江戸川を下り爽快なスピードで湾岸エリア、そして荒川河口へ。ここでは、砂町運河や巨大な荒川河口橋など普段、至近距離で眺めることができないスポットに接近。広々とした墨田川を遡上して永代橋や両国橋といった由緒ある橋の下をくぐり東京スカイツリーが見えるポイントへ! ここでは川からしか撮れないレアショットを撮影することができた。

画像: 橋の世界にハマりそう!?【初夏のTOKYOリバークルーズ】①柳橋 youtu.be

橋の世界にハマりそう!?【初夏のTOKYOリバークルーズ】①柳橋

youtu.be

 墨田川を少し下り神田川へ入ると水深も浅く川幅も狭まるのでボートは減速。浴衣姿も相まって風流な舟遊び気分も盛り上がる。橋の上からボートを眺める人の視線も心なしかうらやましそう。日本橋川に入るとまた景色が一変する。首都高の影で涼しさも増し、天井の低い橋の下をくぐると地下水路を探検しているような気分。そして目的地・日本橋では川からしか撮れないショットを撮影できてインスタグラマーたちも大満足!

画像2: Tokyo River Cruise!! 江戸情緒あり近未来感ありの川めぐり!

続きはコチラに↓

This article is a sponsored article by
''.