画像: 未来への道 1000km縦断リレー2018
青森−東京間を15日間でたすきリレー「心の絆」つないだ

 青森から東京までをたすきリレーする「未来(あした)への道 1000km縦断リレー2018」のたすきが7日、東京・駒沢オリンピック公園中央広場に到着した。

 震災の記憶の風化を防ぐとともに、全国から集まる参加者と被災地の方々の絆を深めることを目指す、スポーツの力で復興を支援するプロジェクト。青森から東京まで、東日本大震災の被災地域を約150区間に区切り、ランニングと自転車でつないだ。

 最終区を担当したのは約150人の一般ランナーと、ゲストランナーの元競泳選手の岩崎恭子、元陸上競技選手の千葉真子、元車いすバスケットボール選手の根木慎志、タレントのスザンヌ、そしてDream Ayaの5名。駒沢オリンピック公園の陸上競技場でたすきを受け取ると、競技場を約4分の3周し、公園をぐるりと周る1.6キロをランニングすると、手をつないで、小池百合子都知事の待つゴールに飛び込んだ。

 グランドゴール式で、小池都知事は、青森からつながれてきた思いや汗と涙が詰まったたすきを、根木から受け取り、「青森からたすきリレーが1000キロにわたって行われ、その間、1600人の方々がたすきをかけて、励まし、つないでつないで、今日この地までたどり着いていただいた」とランナーたちの労をねぎらった。

 熊本出身のスザンヌはこの日、熊本復興の思いを込めたもう一本のたすきを小池都知事に届けた。「これらのたすきは、全国の人々と被災地のみなさんとの心の絆」と、都知事。大阪での地震や西日本での豪雨についてもふれ、それぞれの地域で被災した方が「たすきと同じ思いでこれから元気に復興に向かわれるように思いを込めてもらったと思う」とし、各地の一日も早い復興を願った。

【DAY13】8.5 茨城県大洗町
アントキの猪木らが楽しくラン!

画像: 【DAY13】8.5 茨城県大洗町 アントキの猪木らが楽しくラン!

 前日、たすきは茨城県に入り。5日は大洗町の大洗港をスタートした。ゲストランナーは、元陸上競技選手の高橋千恵美さん、元パラリンピック射撃選手の田口亜希さん、元フェンシング選手の千田健太さん、そして茨城県出身の芸人アントキの猪木。160名超の一般参加者とともに、次の区間へとたすきを運んだ。

 スタート式で、アントキの猪木は「皆さんと明るく楽しくランニングできればと思います!」と挨拶すると、最後に「イチ・ニ・サン・ダー!」で気合を入れて走り出した。

【DAY9】8.1 福島県相馬市
EXILE TETSUYAら「元気感じて」

画像: 【DAY9】8.1 福島県相馬市 EXILE TETSUYAら「元気感じて」

 8月1日は福島県相馬市からのスタート。区間は相馬市役所から相馬市立飯豊小学校までの約3.5kmで、ゲストランナーのバルセロオリンピックマラソン銀メダリストの有森裕子さん、元競泳選手の宮下純一さん、EXILE TETSUYAらが一般ランナーとともに走った。「毎年参加するのを楽しみにしている」というEXILE TETSUYAは、「ステージの上で踊っている時と同じように、『元気!』をたくさんの方に感じていただき、皆さんと一緒に素敵な時間を過ごしたい」と走り出した。

【DAY6】7.29 宮城県南三陸町
水内猛さんらが雨の中スタート

画像: 【DAY6】7.29 宮城県南三陸町 水内猛さんらが雨の中スタート

 スタートから6日目となる7月29日、たすきは宮城県南三陸さんさん商店街をスタート。ゲストランナーの元Jリーガーの水内さんは「初年度から連続で参加させてもらっています。前回南三陸で参加した時よりも街が復興しており元気をもらいました」とあいさつ。スタート時は強い雨にさらされたが、応援に駆けつけた地元の子どもたちの声に背中を押され、元気に初回区間の3.8kmを走り終えた。元体操選手の冨田洋之さん、パラ水泳選手の山田拓郎さんもゲストランナーを務めた。

【START】7.24 青森県青森市
青森出身のELLYがスタート

画像1: 【START】7.24 青森県青森市 青森出身のELLYがスタート

 プロジェクトスタート当時から毎年走っているELLY(三代目 J Soul Brothers)は今年も参加。スタート前の式典で、小野寺晃彦青森市長からたすきを託されたELLYは「青森県出身として、復興もそうですし、このプロジェクトだったり、オリンピックに向けて、東北を盛り上げていけるよう、僕にもできることを一生懸命頑張っていこうと思います!」と誓うと元気に走り出した。式典では、会場と都庁を中継でつなぎ、小池百合子都知事と青森の参加者とでラジオ体操も行った。

画像2: 【START】7.24 青森県青森市 青森出身のELLYがスタート

This article is a sponsored article by
''.