画像1: 小池都知事と香取慎吾が汗だくでボート競技体験!
【東京 2020 パラリンピックカウントダウンイベント】

 東京 2020 パラリンピック競技大会の開催まで2年となった25日、「東京 2020 パラリンピック2年前カウントダウンイベント」が、青海のMEGA WEBなど臨海副都心エリアで開催された。アスリートによるトークセッションや競技体験などさまざまな企画が行われた。
 
 カウントダウンセレモニーには、小池百合子都知事やパラリンピアンを含むアスリートが出席。バドミントンの里見紗李奈、カヌーの小山真、自転車競技の川本翔大、ゴールボールの天摩由貴、ボートの前田大介、射撃の田口亜希らが、それぞれの競技のポイントや見どころについて語った。

 大会に向けての国際パラリンピック委員会特別親善大使の香取慎吾も登壇した。
 
 選手たちが2020年に向けての目標を交えてのメッセージを発表。出場を誓う選手、目指すメダルの色を含めた宣言などが飛び交うなか、前田選手が「10キロ減量して、金メダルを目指したい」と発表。全員が宣言を終えたところで、選手たちと並んで座っていた香取が「前田選手と一緒で10キロ減量。」と自然に続くと、前田選手の書いたパネルを受け取って「10キロ減量して2年後応援したい」と宣言した。

画像2: 小池都知事と香取慎吾が汗だくでボート競技体験!
【東京 2020 パラリンピックカウントダウンイベント】

 香取はこの日、カウントダウンセレモニーのほか、陸上でのトレーニングの際に使われる「ローイングエルゴメーター」というマシンを使ってパラリンピック競技のボート競技のデモンストレーションにも挑戦。マシンを漕ぐと香取は汗だくで、「なんか、痩せたんじゃない?」。吹き出す汗をポケットから取り出したハンカチで何度も拭った。 

 さらに前田選手と100メートルで勝負もした。

 勝負前「ここは前田選手に花を持たせるためにも……」と予防線を張った香取だったが、始まってみると全力勝負。結果は負けで、約1.5秒及ばなかった。「勝てるわけないですか!」と香取。前田選手は香取のパフォーマンスに「大きな漕ぎで良かったと思います」とコメントすると、香取は「……試合中に僕の動きを見てるんですよ」と圧倒されていた。

 小池都知事は「パラリンピック大会、みなさんと一緒に成功させましょう。そのためには、一つひとつの種目をまず知ってください。する、見る、支える、どちらでも結構ですから関わっていただいて、パラリンピック大会を盛り上げていっていただきたいと思います」と、呼びかけた。

This article is a sponsored article by
''.