画像1: 金田朋子・森渉夫婦「終電を逃して漫画喫茶で…」

 BOLSTER株式会社は8月26日(日)、渋谷エクセル東急ホテルにて、第一回となるオハナスタイルユーザー向けオフ会を開催しました。当日はスペシャルゲストとして、自身も1児の母である声優の金田朋子さんと、アスリート俳優として知られる森渉さんご夫妻が登壇しました。

画像2: 金田朋子・森渉夫婦「終電を逃して漫画喫茶で…」

 ビュッフェが用意された会場では、親子で楽しめる美味しい料理が用意され、それぞれの家族が思い思いに食事を楽しみました。スタッフがトークの合間に来場者に話しかけると、参加者の子供から元気な声で「オッケーイ!」という返事がありました。オハナスタイルのオハナにはハワイの言葉で「家族」という意味が込められており、まさに”家族”をテーマにしたwebサービスにぴったりの明るく元気な子供達の声に背中を押されての開催になりました。会場ではお寿司やそばなどの和食から、ムニエル、チキンソテーまで、大人も子供も楽しめるメニューが供されました。

画像3: 金田朋子・森渉夫婦「終電を逃して漫画喫茶で…」

 スペシャルコンテンツとして、参加者による「トントンボイス相撲」大会が行われました。見事に勝ち進んだ親子のペアはゲストの金田朋子さん・森渉さん夫婦と対戦し、これを破ると、場内からは拍手が送られました。その後、金田さん・森さん夫婦によるトークショーが行われ、“お二人の馴れ初め”についてや“子供に習わせたい習い事”についてなど、様々なことをお話頂きました。イベントの最後には70名を超えた来場者全員で集合写真を撮影。参加者は終始笑顔で、大盛況の内に第一回となるオハナスタイルユーザー向けオフ会は幕を閉じました。

金田夫妻も大絶叫!白熱の「トントンボイス相撲」大会

画像1: 金田夫妻も大絶叫!白熱の「トントンボイス相撲」大会

 今回のイベントは、ライオン株式会社様と株式会社メガハウス様の協賛で実現。株式会社ライオン様からは、来場者のノベルティーグッズとして世代に合わせた歯磨き商品をご提供頂きました。ノベルティーは、受付で受け取ったユーザーから大好評でした。イベントは代表挨拶・歓談/食事タイムと進み、いよいよ本日のスペシャルコンテンツの一つである“トントンボイス相撲“大会が始まりました。”トントンボイス相撲“とは、あの世界ゆるスポーツ協会にも公認されている、マイクを通した声でトントン相撲を楽しむという新しい玩具です。声に合わせて土俵が振動する事で相撲の人形が倒れ、勝敗が決まります。こちらは、協賛の株式会社メガハウス様の提供で行われました。優勝するとスペシャルゲストの金田さん夫妻との対戦権が与えられるということもあり、これには子供達も大興奮。どの参加者も一生懸命大きな声でボイス相撲を楽しみました。3戦にも亘る予選を勝ち抜き優勝したのは、母・娘のペア。

画像2: 金田夫妻も大絶叫!白熱の「トントンボイス相撲」大会

 挑戦者が決まり、いよいよゲストが登場。黄緑色のオハナスタイルロゴ入りのTシャツ姿で登場した金田朋子さんは、登場するや否や大きな声で「イェーイ!」と元気いっぱい会場を盛り上げました。続いて森渉さんは金田さんのツッコミ役として的確なツッコミを入れながら金田さんをコントロールします。対戦前から息のぴったりな様子を見せます。 優勝者との対戦の前に、まずは2番目に勝ち抜いた家族が金田夫妻と対戦。金田さんは自慢の声量と高い声で奮闘しましたが、惜しくも敗れてしまいました。激闘の感想を聞かれた金田さんは「やっぱり家族の力ってすごいですね!」と自身も娘を連れてくればよかったと振り返りつつも、次の優勝者との戦いに向けて気合を入れ直しました。

画像3: 金田夫妻も大絶叫!白熱の「トントンボイス相撲」大会

 そしていよいよ、優勝した家族との決勝戦です。決勝戦に挑んだ家族の女の子は「キンキン声には負けない!」と闘志を見せると会場は大盛り上がり。挑発に乗らずに、容赦なく金田夫妻は大きな声を出しつつボイス相撲を楽しみました。お互いの意地と意地がぶつかり合い勝負は拮抗しましたが、結果は挑戦者家族の勝利。戦った感想を森さんは「途中から俺に向かって叫んでいたよね?」と隣で叫ぶ金田さんの声にタジタジの様子で語りました。一方で「味方の耳をやってしまったのが敗因です」と金田さんは笑顔で試合を振り返りました。勝った家族は優勝賞品として“トントンボイス相撲”を受け取り、笑顔で壇上を後にしました。

画像4: 金田夫妻も大絶叫!白熱の「トントンボイス相撲」大会

 続いて、BOLSTER株式会社の松田忠浩代表より、オハナスタイルについての紹介がありました。松田氏は順調に成長しているオハナスタイルについて、参加者に向けて丁寧に説明。オハナスタイルは1年4ヶ月でユーザー数が50,000人を突破しながらも、ユーザー満足度が9割超と高い状態を維持しており、順調に規模を伸ばしています。更に、8月7日を「オハナ(ハワイの言葉で“家族”の意味)」にちなんで正式に家族の日として認定されるというトピックスもあり、今後の運営にも益々の期待がかかります。競合他社と比較しても、まだ発足1年4ヶ月の媒体でありながら、ユーザー認知度は同ジャンルのサイト内で2位。いいところに位置しており、これから1位を目指していくと松田氏は宣言し、会場は暖かい雰囲気に包まれました。松田氏が「ソフトバンクのお父さん犬の認知度が86%ですからね」という話を出すと、金田さんは「超えよう!超えよう!」と元気よくエール。これには松田氏も笑顔で「超えましょう」と答えました。松田氏のプレゼンテーション中も金田夫妻は随時、元気よく合いの手を入れ、場内を盛り上げました。

画像5: 金田夫妻も大絶叫!白熱の「トントンボイス相撲」大会

 その後の金田夫妻のトークショーでは赤裸々な出会いのエピソードを披露。金田さんと森さんの出会いは、知人の誕生日パーティだったとのこと。一人なのに笑顔でいる金田さんに興味を持ち、森さんが声をかけたそうです。その後、次に会った時にはもう終電を逃すほどトークは大盛り上がり。金田さんはおしゃべりで、プライベートでもずっとしゃべっているということを暴露しました。終電を逃して行った漫画喫茶で、二人で漫画を読んでいたら森さんの脳裏にふと、おじいちゃんおばあちゃんになっても金田さんと一緒にいそうだな、という思いがよぎりその場で交際を申し出たそうです。二人の出会いのエピソードには会場にいたお父さん、お母さんも大盛り上がり。

画像6: 金田夫妻も大絶叫!白熱の「トントンボイス相撲」大会

 また、子供にやらせたい習い事について聞かれると、森さんは「一つに絞らないで色々なスポーツを体験させて、まずは体の使い方を覚えさせたい。」、金田さんは「色々なことをやらせるのは私も同意で、たくさんわらってほしい、という願いを込めて“千笑”という名前をつけたので、一番笑っていることをやらせてあげたいな」という、お二人らしさがにじみ出る回答でした。他にも、喧嘩した時のエピソードとして、「公園で一人でブランコを漕いで頭を冷やしているという話をテレビでしたら、公園まで(金田さんが)来るようになっちゃって。最近は近くの川に鯉を見に行くようになりました」という話も出ました。その後も質問コーナーでもたくさん質問が飛び交い大盛況で幕を閉じました。

 オハナスタイルは2017年4月17日にサイトオープンした、世の中の家族にHAPPYをお届けする為のサイトです。2018年8月現在、会員数はわずか1年4ヶ月で5万人にのぼり、現在も順調に増え続けています。また、この度、日本記念日協会にて、毎年8月7日は「オハナ(家族)の日」と認定されました。また、オハナスタイルを運営する BOLSTERは「世の中の1人でも多くの人をHAPPYに。」という理念のもとに、企業のインターネット事業支援と、B to C事業として家族向けウェブサイト「オハナスタイル」を運営しています。

This article is a sponsored article by
''.