太田さんは北京オリンピックのフェンシング男子フルーレ個人で銀メダルを獲得。そして2020年東京オリンピック・パラリンピックの招致活動ではプレゼンターとしてスピーチを行った。昨年、31歳の若さで日本協会の会長に就任。現在はフェンシングの認知拡大、競技人口の増加を目指し、東奔西走の毎日。太田さんからは斬新なプランが次々と明かされました。

This article is a sponsored article by
''.