画像: マキタスポーツとスージー鈴木の
80年代のヒット曲語る音楽番組が
ゴールデン進出&1時間に拡大

 マキタスポーツと音楽評論家のスージー鈴木が、80年代のヒット曲の数々をロジカルに語る深夜の音楽番組『ザ・カセットテープ・ミュージック』が10月からゴールデンタイムに進出、そして放送時間も30分から1時間に拡大して、毎週日曜夜9〜10時で放送することが分かった。マキタスポーツとスージー鈴木は8月20日、都内で取材会を開き、ゴールデン進出できた理由について分析しながら、静かに喜びを表した。

「抑圧された民たちがいるんじゃないですかね?」と、マキタスポーツ。「僕もいち視聴者いち消費者として、いろんな番組やネットとかにしても、本とかにしても、見たいものにたどり着けない、見られない。あっても角度が違う、深さがが浅いとか、いろいろちょっと不満足なものを感じる。だから僕は書き手になって本を書いたり、番組もやったりしている。だから僕やスージーさんと似たような人が意外といたっていうことなんじゃないかと思います」

 スージー鈴木も「佐野元春の譜割とかユーミンの転調を気にしていた人は少なかったと思いましたが、全国には20万人ぐらいはいてですね、そういう方々が見ていただいているということかなって思います。今までは金曜26時って極北中の極北、無法地帯でしたけど、今回はややメインロードに出てきますので、そこで50万人に増えるのか、20万人のままなのか。後者の気配もありますが、世の中にはそういう方々がいたのかなと強気に思っています」

 この日早速、1時間枠での番組収録を行い、初回分の収録時間は放送時間の2倍になった。「僕とスージー(鈴木)さんは興に乗れば何時間でもしゃべってしまう」と、マキタスポーツ。

 スージー鈴木は「深夜からゴールデン進出しますが、方針は変えずに、むしろ方針を強化し、濃度を増してやろうと思いますので、興味があれば20万人目の次の1人になりませんか?」とPRした。

 ゴールデン進出前の9月には「BOOWY 特集」「お別れソング特集」が控える。コード大好きおじさんたちの80年代音楽談義、聞けばハマる!

『ザ・カセットテープ・ミュージック』

BS12トゥエルビにて、毎週金曜深夜2時〜2時30分で放送中! 10月からは毎週日曜夜9〜10時で放送。

This article is a sponsored article by
''.