映画『旅猫リポート』完成記念プレミアイベントが25日、都内にて行われ出演の福士蒼汰、高畑充希、竹内結子、広瀬アリス、大野拓朗、山本涼介、そして猫のナナと三木康一郎監督が登壇した。

 事故をきっかけに共に暮らすようになった青年と猫が、とある事情から猫の新しい飼い主を探す旅に出る物語。福士が主人公の心優しい青年・悟を、高畑がその飼い猫ナナの声を演じている。

 カーペットセレモニーでは福士が“相手役”の猫ナナを抱いて登場。原作者・有川浩から『ナナを中心とした撮影を』と唯一の要望があり、猫優先のシフトで撮影していたというだけに、この日のイベントもカメラマンによるフラッシュ撮影を禁止し、ナナの体調に考慮して行われた。

 そんな人間たちの思いを知ってか知らずか、福士の胸に顔を埋めたり腕からすり抜けようと動き回ったり、自由なナナに福士も苦笑。撮影でも「ナナちゃんが本能で動くので、僕も本能でお芝居を返すという現場でした」と、ナナに役者魂も刺激された様子。さらに普段は客観的に自身の作品を見ることができないという福士だが本作は「客観的に感情移入することができて、自分が泣いているシーンで涙が自然にこぼれてきて。不思議な体験をしました」と感慨深げに明かした。

 写真撮影もしっかりこなしたナナの出番はここまで。セレモニー後の舞台挨拶はキャストと監督がわきあいあいとトークを繰り広げた。

 ナナとの初対面の様子を聞かれた福士は「ナナちゃんとの初対面ですか? 僕は猫ちゃん(笑)…とあまり会うことがなかったのでどうしていいか分からなかったんですけど、とりあえず嫌なことはしないようにしよう、と。すると監督が、その感じがいいねとおっしゃってくれたので自分を反映させながら演じていた部分もあります」。

 そんなナナの心の声を演じた高畑は「最初はどうしよう、と思いました。でもよく分からないけど面白そう、と思い、台本を読んだらすごく温かい物語でぜひ参加させてください、と言いました。でも猫ってどういうふうにしゃべるんだろう、って。私も猫を飼っているんですけど分からなくて。でも映画の中でナナちゃんがメチャメチャいい顔をしていて、この顔だったらこんなふうにしゃべっているかなと想像しながら近づけられるように必死に頑張りました。無表情のかわいさみたいなものもありますね。わりと不機嫌そうな顔をしている時も多くて、それがまたいい。悲しいシーンでもそれが一層悲しく見えて。名俳優だなと思いました」とナナにメロメロ。福士は「最初は(猫が)しゃべった!と思うんですけど(笑)、第2声からすごくなじむんです。高畑さんの声の力だと思います」とナナを演じ切った高畑を絶賛した。

 一方で、猫が苦手という設定の竹内は「ナナがかわいい仕草をしていても、心を奪われてはいけない!と思うようにしていました」と振り返り、友人役の山本も「ナナにキレられるシーンがあるんですけど、シャー!って。わざと嫌がることをしなきゃいけなくて、なんで監督はこんなことをさせるんだと思いました」と、猫好きだからこその苦労もあった様子。三木監督も「皆さんにもいっぱい迷惑をかけましたが、ナナが嫌だといったら撮影をやめて、ナナを見つめながらやっていきました」とナナを中心に1つとなった出演者たちに感謝していた。

『旅猫リポート』は10月26日より全国公開。

This article is a sponsored article by
''.