画像: 魂を刺激する、情熱のエンターテインメント【TSUTAYA MONTHLY UPDATE ― OCTOBER.2018 ―】

魂を刺激する、情熱のエンターテインメント【TSUTAYA MONTHLY UPDATE ― OCTOBER.2018 ―】

『ちはやふる −結び−』【レンタル中】
“競技かるた”を題材にした少女コミックスながら男女問わず幅広い層の支持を得、2009年には第2回マンガ大賞を受賞、2010年には「このマンガがすごい! オンナ編」第1位獲得、2011年には第35回講談社漫画賞少女部門を受賞と高く評価される末次由紀の国民的大ベストセラー『ちはやふる』を、豪華キャストで実写化した大ヒットシリーズ。2016年に2部作公開された〈上の句〉〈下の句〉に続き、シリーズ最高傑作〈結び〉で感動の完結を迎える。
主人公・千早役の広瀬すず、幼なじみの太一役・野村周平、新役・新田真剣佑をはじめ、リアルな高校生に近い若い役者を起用するというポリシーのもとキャスティングされた若手俳優たちも今や世代を代表する気鋭俳優に成長。前作から続投の小泉徳宏監督が脚本も手掛け、現在も連載中の原作とは異なる映画ならではの結末で、青春映画の傑作を完成させた。
STORY:いつも一緒にだった幼なじみの千早、太一、新。家の事情で新が引っ越してしまい離ればなれになるが、高校生になった千早は新にもう一度会いたい一心で、太一とともに仲間を集め、瑞沢高校かるた部を作る。千早との再会で、新もまたかるたへの情熱を取り戻す。高校3年生となった千早たちは最後の全国大会を目指すが予選を前に突然、部長の太一が辞めてしまう...。
『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』【レンタル中】
2013年に起こったボストンマラソン爆弾テロ事件の被害に遭い、両脚を失った青年ジェフ・ボーマンの実話を『ナイトクローラー』の実力派俳優ジェイク・ギレンホール主演で映画化した話題作。話題作で個性的な役が続くジェイクが本作では両脚を失い全米のヒーローとして脚光を浴びたことで葛藤する男の光と影を見事に表現。義足での演技はもちろん、実際のジェフと時間をかけて交流し、深い心情を繊細に演じ切っている。またボストンは市を挙げて本作の撮影に協力しており、レッドソックスの本拠地フェンウェイパークでの撮影も実現。エキストラの80%は地元の人々を採用し、ジェフの担当だった医師や看護師、義足技師も出演している。
STORY:ボストンに暮らすジェフ・ボーマンは元彼女のエリンの愛情を取り戻すため、彼女が出場するマラソン会場へ応援に駆け付けるがゴール地点付近で爆弾テロが発生。巻き込まれたボーマンは爆発で両脚を失ってしまう。意識を取り戻した彼の証言をもとに犯人が特定されると、ボーマンは一躍、“ボストンのヒーロー”として世間の脚光を浴びることになるが...。
『名探偵コナン ゼロの執行人』【レンタル中】
大人気「名探偵コナン」シリーズ最新作。本作では人気キャラクターの筆頭、安室透も大活躍。ある時は毛利小五郎に弟子入りした私立探偵・安室透として、またある時は黒ずくめの組織のメンバー“バーボン”として、コナンの前にたびたび顔を見せる謎の男。その正体は、公安警察・降谷零。トリプルフェイスを使いこなすキーパーソン、安室透とコナンの緊迫の関係にも注目だ。
容疑者となった小五郎を救う女弁護士・橘境子役に、12年ぶりのシリーズ参加となる上戸彩。また博多大吉が司法修習生役でコナン作品に初参加している。さらに主題歌を手掛けるのは福山雅治。本作の脚本を読み込み、その世界観を追求して書き下ろした曲「零 −ZERO−」で真実を追求する者と己の正義を貫く者、それぞれの信念の激突を表現する。
STORY:東京サミット開催の地となる東京湾の新施設「エッジ・オブ・オーシャン」で大規模爆破事件が発生。現場の証拠から毛利小五郎が容疑者と断定される。起訴が決まろうとしたそのとき、厳戒体制の東京都内で同時多発的に不可解なテロが勃発する...!
『パシフィック・リム:アップライジング』【10/11レンタル開始】
2018年『シェイプ・オブ・ウォーター』でアカデミー賞作品賞、監督賞に輝いたギレルモ・デル・トロが生み出したKAIJU vsロボットの究極バトルアクション、待望の続編! 主演は『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でブレイク中のジョン・ボイエガ。そして森マコ役の菊地凛子が前作に続き登場する他、新田真剣佑が新人チームの1人として出演。軍団となって襲い掛かるKAIJUたちを巨大人型決戦兵器“イェーガー”軍団が迎え撃つ。その最終決戦の地はTOKYO!
STORY:突如現れた巨大な生命体“KAIJU”と巨大兵器イェーガーの戦争終結から10年。世界は混沌としながらも、平和を取り戻そうとしていた。ところがPPDC(環太平洋防衛軍)の会議を正体不明のイェーガーが襲撃。それを機に、世界は再びKAIJUの恐怖にさらされることに。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.