画像: 片寄涼太、鈴木伸之ら『PRINCE OF LEGEND』の王子たちがイルミ点灯「感動です」

片寄涼太、鈴木伸之ら『PRINCE OF LEGEND』の王子たちがイルミ点灯「感動です」

よみうりランドのイルミネーション「 ジュエルミネーション ~輝きのライトピア~」の点灯式が11日、同所で行われ、片寄涼太らドラマ『PRINCE OF LEGEND』(日本テレビ、毎週水曜深夜24時59分~)の王子たちが出席した。
点灯式に駆け付けたファンらと一緒にカウントダウンして点灯すると、アルプスのマッターホルンをイメージした高さ25メートルの光輝くジュエリー・マウンテンなど、600万球が輝くイルミネーションがきらめきだした。片寄は「素敵であり、格好良くあり、感動です」。佐野玲於は「青と緑が非常に多いですね。すごくきれいだなと思いますし、よみうりランドさんのこれだけの敷地がないとできないこと」とコメントした。
実家がよみうりランドから徒歩で10、15分のところで、「王子の中で一番よみうりランドにゆかりがあると思う」と言い切った“ヤンキー王子”鈴木伸之は「ちょっと離れたところに丘の湯っていう銭湯があるんですよ。そこもめっちゃいいので、みなさん、ぜひ行ってください! とにかく広くて癒されるんです。ご飯もあるし、マッサージもあるし、1日いても楽しめるので......俺、何言ってるんだろう......今度、王子たちも連れていきたい」と、滑らかな口調で、よみうりランドの“推し”をPRした。
川村壱馬も「こんなにきれいなイルミネーションは人生で初めて! 僕も王子と来たい。みんなと!」と話すと、劇中で川村の兄という役どころの鈴木は「そこ俺って言ってよ!」と突っ込んだ。
一方、町田啓太が一緒に来たいのは誰かというと「メンちゃん!」。そういって、関口メンディーに視線をやると「絶対嫌だよ」とメンディー。2人は同じ大学出身。町田は「メンディーがここに立って写真撮ったら一番“映える”かなって思って」と話した。関口はこの日、劇中で着用している金髪のウィッグ姿。「久しぶりにかぶったら故郷に帰ってきたような、お母さんのお腹の中にいるくらい安心しています」とコメントした。
イベントでは、いろいろな王子たちが王子の中の王子“伝説の王子”を目指してバトルするというドラマの内容に合わせて、片寄と塩野瑛久、鈴木と川村、佐野とメンディー、吉野北人と藤原樹と長谷川慎、町田、そして清原翔と遠藤史也とこだまたいちの6チームに分かれて、フラフープと風船を使ったゲームに挑戦。1人チームの町田が1人でフラフープを回し続けると会場から大きな拍手と歓声があがった。
『PRINCE OF LEGEND』は、セレブ王子、ヤンキー王子、生徒会長王子などさまざまな王子たちが、王子の中の王子“伝説の王子”を目指しバトルするという、プリンスバトルプロジェクトの第1弾。2019年春には映画も公開される。
イベント終了後の取材で片寄は「点灯式ってテレビでよく拝見していたので、それを自分でやるのが初めてだったのでそれができたのが楽しかった。いい思い出ができたなと思います」と話していた。
「 ジュエルミネーション ~輝きのライトピア~」は、2019年2月17日まで休園日を除く毎日16時~20時30分、12月15~25日は21時まで点灯する。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.