画像: ストロー級は16歳の田上越累が優勝【10・14全日本アマ修斗選手権】

ストロー級は16歳の田上越累が優勝【10・14全日本アマ修斗選手権】

田上「目標は堀口恭司選手」
アマチュア修斗の最高峰「第25回全日本アマチュア修斗選手権」が10月14日、神奈川・小田原アリーナで開催された。
今年も男子7階級、女子3階級でトーナメントが開催された。
男子ストロー級では16歳の田上越累が決勝で内田滝琉を破り、初出場初優勝を果たした。
田上はシュートボクシング(SB)出身で総合格闘技歴は1年。持ち前の強烈な打撃で2回戦の畠山隆弥戦ではKO勝ちを収めた。
決勝では内田が早めにタックルを仕掛け、田上に打撃を出させない。ケージを背になんとかテイクダウンを許さない田上だったが、我慢の展開が続く。2Rも開始早々、しつこいタックルを仕掛ける内田。さばいて逃げる田上だったが内田のタックルは止まらない。
しかし、試合時間が1分を切ったところで田上が狙いすました飛びヒザ一閃。見事に内田の顔面をとらえ、2R2分25秒、KOで勝利を収めた。
田上は試合後「めっちゃしんどかったんですが、2回KOできて良かった。プロはもうちょっと考えて...。今後はもっと練習してもっと強い選手と戦って、いつかプロになってUFCに出て世界チャンピオンになりたい」などと話した。試合を決めた飛びヒザについては「ちょっと焦りはあったが、1R目より2R目のほうがタックルの距離が見えていたので、これは絶対合わせられると思っていた」と落ち着いた表情で話した。
田上はSBではアマチュアSBジュニアの初代と2代目の日本一という実績を持つのだが、「寝技とかもしたいと思うようになって、いろいろやりたくなって総合に挑戦したいと思うようになりました」と約1年前に総合格闘技に転向したという。
現在はかつて所属した及川道場からBLOWSに移り、活動中。目標の選手として堀口恭司の名を上げた。
フライ級は宇田悠斗が秒殺KOで優勝
フライ級は内田凱也と宇田悠斗が対戦。宇田が1R25秒、KOで勝利を収めた。宇田は打撃の探り合いから強烈な右のパンチを連打。まともに食らった内田はばったりと倒れ、レフェリーがすぐに試合を止めた。
宇田は試合後「いつも通りの動きができなかった。でも優勝できたので、これからもっと練習して頑張ります。今後は得意の打撃をどんどん磨いて、寝技もしっかりやって、穴をひとつずつ減らして、次に向けて頑張ります」などと話した。
バンタム級決勝は當房桂が腕十字で一本勝ち
バンタム級は林宏仲と當房桂が対戦。1R2分57秒、腕十字固めで當房がTKO勝ちを収めた。
1R開始早々、當房かいきなり飛びヒザを放つと、林がぐらり。當房が一気に攻め込み腕を取るが、決めに行ったところで体勢が下に。上になった林は當房の決めをしのぎながらも腕を取りに行き、腕十字を狙う。一連の流れの中で上を取り返した當房はバックに回ると腕十字に移行。クラッチしてこらえる林だったが、うつ伏せになった當房がぐいっと締めあげると残り15秒、腕が伸びてしまい、レフェリーが試合を止めた。
當房は「東海選手権で負けた林選手にしっかり決勝でリベンジできてよかった。今後はプロでぽんぽん勝っていける選手になりたい」などと話した。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.