画像: ライト級は中山慎平が優勝【10・14全日本アマ修斗選手権】

ライト級は中山慎平が優勝【10・14全日本アマ修斗選手権】

中山は4試合中3試合で一本勝ち
アマチュア修斗の最高峰「第25回全日本アマチュア修斗選手権」が10月14日、神奈川・小田原アリーナで開催された。
今年も男子7階級、女子3階級でトーナメントが開催された。
ライト級の決勝は藤野康宏と中山慎平が対戦。中山が2R1分6秒、アームロックで一本勝ちを収め優勝した。
1Rからケージ際でのポジションの奪い合い。そこからテイクダウンの取り合いとつばぜり合いが続く。
その流れの中、藤野がグラウンド状態の中山にパンチを放ってしまい、イエローカードで減点1となってしまう。
2Rも中山がタックルを仕掛けるもしのいだ藤野は体勢を入れ替えて、逆に中山をケージに押し込んでいく。ケージを背にした中山は内掛けでテイクダウンに成功。残り1分という段階でサイドポジションをキープするとがっちりとアームロックを決め、2R1分16秒で勝利を収めた。
中山は「悔しい。決勝でめちゃくちゃな試合をしてしまった。パンチをもらった時にヒザをついてしまって、プロだったらパウンドをもらってしまうなとずっと思っていた。これではダメだなと思った。今後はプロに上がってベルトを巻けるように頑張っていきたい」と話した。
フェザー級Vの野尻定由「UFCを目指す」
フェザー級決勝は宮澤和郎と野尻定由が対戦。3-0の判定で野尻が勝利を収めた。
1Rから一歩も譲らぬグラウンドの攻防が続く。2R、タックルでケージに押し込みテイクダウンに成功した野尻だったが、しのいだ宮澤は立ち際にパンチの連打。一瞬、ヒヤリとした野尻だったが再びタックルからテイクダウンを奪うと、最後は腕十字から横三角絞めに移行。ここでゴングとなったが、終始グラウンドで優勢に試合を進めた野尻をジャッジ3者とも20-18と支持した。
野尻は「優勝できたのは非常にうれしいですけど、全試合、一本やKOができなかったので、プロでは一本かKOを量産できる選手になりたいと思います。1日4試合は走りこんでいたので全然大丈夫だった。今後はUFCを目指しているので頑張ります」と話した。
ウエルター級決勝は上原平がスリーパーで一本勝ち
ウエルター級の決勝は一水浩二と上原平が対戦。上原が1R2分54秒、スリーパーホールドで一本勝ちした。
上原の打撃をしのぐと一水はタックルで対抗。ケージに押し込むが、上原はテイクダウンは許さない。しのいだ上原はスタンドで首を取ると、タックルをつぶしてグラウンドに持ち込みバックを取る。素早くスリーパーホールドの体勢に持ち込み、絞めあげ、1R2分54秒、一本勝ちを収めた。
上原は「疲れました。帰りたいです。今後は、今まだ仕事をしながら格闘技をしている状態なので、格闘技だけで飯を食えるようになれるように頑張ります」などと話した。
ミドル級決勝は井口雅仁が延長戦を制する
ミドル級の決勝はハーレー・ビーハンと井口雅仁が対戦。延長にもつれ込む熱戦の末、井口が1分27秒、肩固めでタップを奪い優勝した。
井口は1Rにハーレーの蹴り足をつかんでテイクダウンに成功すると、肩固めにとらえ絞めあげる。決まったかに見えたがハーレーは巧みに急所をずらし、しのぎ切る。
2Rも井口がハーレーの打撃をかいくぐりタックル。しかし倒した時に勢い余って、逆にハーレーにマウントポジションを許してしまう。
しのいだ井口はスタンドに戻すと再度タックル。バックを制しテイクダウンを狙うが、今度はハーレーがケージを蹴って体勢を入れ替え、またもマウントの体勢となる。ここでゴングとなり、判定はジャッジ3者とも19-19。
延長ラウンドはハーレーの蹴り足をつかんでグラウンドに持ち込んだ井口が上を取ると、マウント、バック、マウントと体勢を入れ替えながらハーレーを追い込むと、最後はがっちりと肩固め。ハーレーはたまらずタップ。井口が熱戦を制した。
井口は「2試合ともしんどい試合だった。決勝は延長になっちゃって。あの時にセコンドの人が“これで勝てば人生が変わるぞ”と言われた。あの一言がなければ取れなかったと思う。救われました」と話した。また井口は41歳で、今年の関東選手権が5年ぶりの試合だったのだが「今後は年齢も年齢なのでどうなるか分からないが、一戦一戦完全燃焼して格闘技人生を全うしたい」と話した。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.